赤ちゃんの乳児湿疹をケア!実際の治療経過を公開

赤ちゃんのキレイなお肌にブツブツが!?お母さんとしてはショックですよね・・・。

私も、長男の乳児湿疹がひどくて、当時は湿疹ノイローゼ気味でした。でも、乳児湿疹は多くの赤ちゃんに現れます。

乳児湿疹のことを知って、しっかりスキンケアし、気にし過ぎないようにしましょう。というわけで、乳児湿疹とはどういうものなのか、うちの長男が体験した治療経過、症状別のケア方法などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんの乳児湿疹とは

赤ちゃんの乳児湿疹とは、生後間もない頃から出始めます。

お母さんのおなかの中にいたときのホルモンの影響で皮脂分泌が盛んになり、顔や頭などにかさぶたのようなものができたりする脂漏性湿疹や、肌の乾燥による乾燥性湿疹などがあります。

月齢が進むと、よだれや食べこぼしによる刺激で湿疹がひどくなることがあります。1歳近くになっても湿疹がよくならない場合、アトピー性皮膚炎の可能性がありますので、6ヶ月を過ぎたあたりからは注意深く見守っていきましょう。

乳児湿疹の原因っていったい何?

そもそも乳児湿疹の原因というのは何なのでしょうか?

前述のとおり、ざっくりいえば脂漏性湿疹はホルモンの影響による皮脂分泌が原因といわれていますし、乾燥性湿疹はその名のとおり乾燥が原因とされています。

乳児湿疹は母乳に原因があるという人もいますが、アレルギーでない限り、私は母乳が原因だとは思えません。

我が家の場合、長男は乳児湿疹がひどかったので、母乳の影響も気にして、食べ物にも気を使っていましたが、なかなかよくなりませんでした。
次男のときは、同じように母乳で育てていたものの、あまり食べ物に気を使わず食べたいものを食べていましたが、次男のお肌はツルスベ!

今思えば、長男は特に肌がデリケートで、少しの刺激にも弱かったように思います。

乳児湿疹の治療経過~体験談~

我が家の長男は、1ヶ月の頃から乳児湿疹ができはじめました。

<2ヶ月の頃の治療経過>

日に日にひどくなっていき、小児科で相談したのですが、保湿をしっかりしてあげてくださいと言われただけで、特に薬は処方されませんでした。お風呂のときにはよく顔を洗い、ベビーローションなどで保湿に励み、少しは良くなったものの、しばらくするとまたひどくなっていきました。

<3ヶ月を過ぎてからの治療経過>

今度は別の小児科に連れて行き薬を出してもらいました。弱めのステロイド外用薬と非ステロイド外用薬の2種類が出されました。ステロイド外用薬をつけると比較的良くなったのですが、非ステロイド外用薬に変えると余計にひどくなったような気がしました。
とにかく薬は医師の指導のもとで適切に使うように心がけましたが、なかなか改善しません。

※後から考えると、なかなか改善しなかったのには保湿が足りなかったことにあると思います。

<5ヶ月の頃の治療経過>

小児科で出してもらった弱めのステロイド外用薬はしばらく使ったのですが、一時的に良くなるもののまたすぐにひどくなるので、結局皮膚科へ連れて行きました。皮膚科では、非ステロイド外用薬を、とにかく頻繁に塗るように言われたので、離乳食やヨダレのたびに塗っていました。もう1つ、1日1回だけ塗るようにと容器に入った軟膏を出されました。その後、徐々に長男の肌は改善していきました。

※この頃は、以前よりは保湿もしっかりできるようになったので、それも改善の理由の一つだと思います。

<1歳を過ぎてからの治療経過>

相変わらず、ヨダレやごはんのたびにキレイに拭いてあげたり保湿をしっかりするなど、ケアをしっかりしないと、すぐに湿疹になり悪化してしまうこともあります。乾燥や刺激により、デリケートな長男のお肌は、湿疹を繰り返し、アトピー性皮膚炎の気があると診断されました(断言はされないのね・・・)。

※離乳食が始まってからは、保湿や保護が足りないとすぐに悪化してしまい大変でした。

<その後の治療経過>

その後も長男は、よくなったりひどくなったりを繰り返していましたが、皮膚が強くなるにつれてだんだん良くなっていき、小学校に上がるころには湿疹を繰り返すことはほとんどなくなりました。

我が家の長男は肌が弱かったということと、新生児の頃に私が保湿をためらってしまったことが、乳児湿疹を悪化させた大きな要因だったと思います。
よくなったりひどくなったりを繰り返してし、結局長く付き合うことになってしまいましたが、気長に付き合っていくことで少しずつ改善していきました。

我が家の長男のように乳児湿疹がひどくなる前に、しっかりとした保湿で悪化を予防することをおすすめします。

乳児湿疹の悪化を防ぐケア方法

<脂漏性湿疹の場合>

洗い方にコツがあります!かさぶたの部分は、シャンプーの泡でしっかりと洗ってキレイにしましょう。オイルなどでやわらかくしてから落とす方法もあります。

<乾燥性湿疹の場合>

乾燥性湿疹の場合の洗い方のコツは、泡タイプの石けんでサッとやさしく洗い、泡をぬぐうようにキレイに流しましょう。そして、洗った後はしっかりと保湿をします。

乾燥性湿疹のケアは、徹底保湿がポイントとなります!
お風呂上りにはミルクローションを全身に手早くぬって保湿するのがおすすめです。
乾燥が激しい箇所にはクリームやバームで保湿するとよいでしょう。

そして、保湿した肌を保護するのに Fam’s Baby(ファムズベビー) がおすすめです!
ムース状になっていて、ふわふわした泡が肌にしっかりと馴染み肌を保護してくれます。
しかも肌のバリア機能は8時間持続するといわれています。

<アトピー性皮膚炎かもしれない場合>

うちの長男のように、湿疹を繰り返し、アトピー性皮膚炎かもしれないという場合には、肌がとても敏感でデリケートな赤ちゃんですので、できるだけ刺激物を排除できるようにしたいですね。
基本的には、ケア方法は乾燥性湿疹の場合と同様です。よだれや食べこぼしはすぐにキレイに拭いてあげて、同時に保湿ケアをします。
また、直接肌に触れるものについては、コットン100%の素材のものを使って肌への刺激をやわらげたり、洗濯洗剤も、できるだけ肌に優しい安全なものを使えるといいですね。
そして、徹底保湿は欠かせません!一に保湿!二に保湿!ひたすら保湿が大切です!

乳児湿疹におすすめの保湿アイテム

それでは、乳児湿疹にもおすすめできる保湿アイテムをご紹介したいと思います。

Fam’s Baby(ファムズベビー)

Fam’s Baby(ファムズベビー)は、ムース状の泡がお肌にスッと馴染み、保湿力・持続力・保護力に優れ、乳児湿疹のケアにピッタリです。母子手帳の副読本にも掲載されているおすすめの保湿保護アイテムです。

ドルチボーレ ミルキーベビーローション

ドルチボーレ ミルキーベビーローションは、赤ちゃんのお肌の油分と水分のバランスを整え、乾燥から守ってくれるローションです。
何度も雑誌で紹介されているおすすめの保湿アイテムです。

まとめ

というわけで、うちの長男が赤ちゃんのときの体験談も交えながら、乳児湿疹のスキンケアについてまとめてみました。

湿疹は時が来れば治まる場合もあれば、繰り返す場合もあります。

たとえ繰り返してしまっても、お母さんが落ち込む必要はありません。
しっかりケアしていても、肌の弱い赤ちゃんの場合、悪化してしまうことはよくあるからです。
悲観することなく、薬と保湿と保護で、気長に付き合っていきましょう。

乳児湿疹を防ぐには、なんといっても保湿が大切です!
保湿だけはしっかりとしてあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました