*当サイトでは広告を利用して商品を紹介しています。

ベビーローションが合わない!赤ちゃんの保湿はどうしたらいいの?

保湿したいのにベビーローションが合わない場合はどうする? 赤ちゃんの肌トラブル

赤ちゃんの肌の乾燥を防ぐのにも、乳児湿疹を防ぐのにも保湿は欠かせません。

しかし、保湿したいのにベビーローションが合わない場合はどうしたらよいのでしょうか。

保湿はしないほうがよいのか悩みますよね。

そこで、ベビーローションが合わない場合の保湿の是非や、ベビーローションを選ぶ際のポイント、使い方などについて解説します。

スポンサーリンク

ベビーローションが合わない場合は保湿しないほうがいいの?

ベビーローションが合わない場合

ベビーローションが合わない場合、赤ちゃんの肌の保湿はしないほうがよいのか悩みますが、やはり乾燥は肌トラブルの原因になるため保湿は必要です。

しかし、新しくベビーローションを買って使ってみたら、乳児湿疹が悪化したという話もよく聞きます。

何種類か使ってみたけど、どれも合わないという人も。

とはいえ、合わないベビーローションを使い続けるわけにもいかないですよね。

もし乳児湿疹が悪化してしまったのであれば、まずは小児科か皮膚科を受診して、適切な薬と保湿剤をもらってください

患部がよくなるまで、医師に処方してもらった保湿剤を使って保湿をしましょう。

ホントにベビーローションが合わないのか?

ホントにベビーローションが合わないのか

ところで、ホントにそのベビーローションは赤ちゃんの肌に合わないのでしょうか?

ベビーローションが肌に合わないのではなく、次のように使い方を間違えてしまったというケースもあります。

  • 炎症のあるところにベビーローションを塗ってしまった
  • スキンケアの順番を間違えてしまった

炎症のあるところにベビーローションは塗らない

赤ちゃんが乳児湿疹を掻き壊してしまった場合など、ジクジクして炎症を起こしているところに市販のベビーローションを塗ると、悪化することがあります。

乳児湿疹を掻き壊して炎症を起こしている場合には、病院を受診して適切な薬を塗らないと治りません。

薬と一緒に保湿剤も病院で処方してもらえますので、治るまで病院でもらった保湿剤で保湿をしましょう。

なお、病院でもらった保湿剤でも、合わないケースはあります。

その場合は、すみやかに医師に相談してください。

別の保湿剤を出してくれたり薬を変えたり、ケアのやり方を判断してくれるはずです。

赤ちゃんへのスキンケアの順番は合っているか?

ベビーローションを塗る前にワセリンを塗るなど、使う順番を間違えると保湿効果を得られない場合があります。

スキンケアの基本は、水分を閉じ込めて油分で蓋をするというイメージです。

そのため、はじめに塗るのはベビーローションです。

  1. ベビーローション
  2. ベビークリーム
  3. ワセリン

ワセリンは肌を保護するのが主な役割なので、最後に塗ります。

赤ちゃんのためのベビーローションを選ぶポイント

ベビーローションを選ぶポイント

赤ちゃんのためのベビーローションを選ぶ際には、気をつけておきたいポイントがあります。

  • アレルギーテスト済みの製品を選ぶこと
  • 合成香料や防腐剤などの添加物ができるだけ入っていない製品を選ぶこと

つまり、できるだけ肌にやさしい安全なベビーローションを選ぶことが大切なのです。

もともとベビーローションは赤ちゃんのために作られた製品なので、赤ちゃんの肌に使っても大丈夫なものばかりではあります。

ただ、その成分はベビーローションによってさまざまです。

赤ちゃんの肌質は一人ひとり異なり、肌が敏感であればあるほど、どうしても合わない製品は多くなってしまいます。

ベビーローションが合わない不安はパッチテストで解消

パッチテスト

新しくベビーローションを使う際には、「合わないかもしれない」という不安がつきものです。

はじめて使うベビーローションは、一度に広い範囲に塗らないで、まずは腕や脚などの一部分に塗ってパッチテストをしてみましょう。

ベビーローションを塗った部分は、数日様子をみて、赤くなったりブツブツができたり、痒がったりしないかよく観察してください。

大丈夫なことを確認してから全身に使うようにすると安心です。

合わないと思っていたベビーローションも、実は使い方を間違っただけかもしれないので、一度パッチテストをしてみるといいですね。

パッチテストのやり方

もしベビーローションが合わなかったら?

せっかく厳選しても、パッチテストで肌に合わないこともあります。

合わなかったらベビーローションがもったいないですよね。

しかし、赤ちゃんのために厳選したベビーローションは、大人の肌にもやさしくて使い心地のよいものが大多数です。

赤ちゃんの肌に合わなければ自分で使ってしまえばOK

実際、ベビーローションを赤ちゃんと一緒に自分でも使っているママはたくさんいます。

【まとめ】ベビーローションが合わない場合

ベビーローションが合わない場合の保湿の是非や、ベビーローションを選ぶポイント、使い方などについて解説しました。

乳児湿疹が酷くなる一方だと、もう何を使ったらいいのかわからなくなります。

そもそも保湿なんてしないほうがよいのではないかと思うことさえあるのではないでしょうか。

でも、赤ちゃんの肌の乾燥は肌トラブルをこじらせる原因になるため、やはり保湿は大切です。

できるだけ肌にやさしいベビーローションを選び、肌に合うものに出会えるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました