赤ちゃんのよだれかぶれの予防対策&おすすめスタイ

赤ちゃんのよだれかぶれ

赤ちゃんのよだれかぶれにお悩みの方は多いのではないでしょうか。よだれの多い子はスタイ(よだれかけ)が欠かせませんよね。

このよだれ、赤ちゃんの肌にとってはかなりのくせもので、よだれかぶれを引き起こしてしまいます。

そこで、よだれかぶれの予防について解説します。よだれから肌を保護する、おすすめの保湿アイテムやスタイも紹介するので、ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

赤ちゃんはみんなよだれが出るの?

赤ちゃんはみんなよだれが出るのか

赤ちゃんはよだれが出やすいのですが、実はやたらによだれが多い子もいればあまりよだれの出ない子もいます。

我が家の場合もそうでした。

長男は1日に何枚もスタイを取り換えなくてはいけないくらい、よだれの量がとても多かったのです。しかし、次男はほとんどよだれが出なくて、スタイを使う機会があまりありませんでした。

赤ちゃんによってこれほどまで違うものかと本当に驚きました。

3~4か月の頃からよだれが増えてくるのですが、食欲旺盛な赤ちゃんや、飲み込むのが下手な赤ちゃんはよだれの量が多くなるようです。

赤ちゃんのよだれが多いとどうなる?

よだれが多いとどうなるのか

赤ちゃんのよだれの量そのものについては、多すぎるから少なすぎるからといって、特に心配することはありません。心配なのは、よだれをそのままにしておくと肌荒れを起こしてしまうことです。

赤ちゃんのよだれなんて、透明で何の害もなさそうに見えますが、お肌にとってはかなりの刺激になってしまいます。

よだれが原因で口の周りが赤くなっている赤ちゃんも多いですよね。例にもれず、我が家の長男も口の周りを赤くしてかわいそうでした。逆に、よだれのほとんど出なかった次男は、口の周りが赤くなることはなく、きれいな肌でした。

よだれかぶれの予防対策

よだれかぶれの予防対策

よだれが多い赤ちゃんの口の周りが荒れてしまわないよう、よだれかぶれを予防するにはどのようにケアをしたら良いのでしょうか?

よだれを優しく拭く

よだれの刺激で口の周りが赤く荒れてしまうので、よだれはこまめにやさしく拭いてあげましょう。その際に気を付けたいのは、こすらないことです。

赤ちゃんの皮膚は薄くてデリケートですので、こすってしまうと今度は摩擦による刺激で荒れてしまいます。

スタイやガーゼで押さえて吸い取るイメージです。

ついティッシュで拭きたくなるのですが、ティッシュで拭くのはやめましょう。大人もティッシュで鼻をかみすぎると鼻下が荒れてしまいますよね。それと同じで、ティッシュでこまめによだれを拭くとすぐに肌荒れしてしまいます。

よだれから肌を保護する

よだれの刺激で肌が荒れてしまうので、肌によだれがつかないよう、あらかじめ保護しておくことでよだれかぶれを予防できます。

肌を保護するのによく使われるのがワセリンです。

ワセリンを塗ることで肌に膜を作ってくれるので、よだれなどの刺激から守ってくれます。

肌の保護におすすめのファムズベビー!

ワセリンと同じように、肌にしっかりバリアをはってくれるのがファムズベビーです。泡がしっかりと馴染んで保護膜を作り、長時間肌を保護してくれます。

よだれが多い赤ちゃんにおすすめのスタイ

よだれかぶれにはスタイが良くないという意見もあります。しかし、よだれの多い赤ちゃんの場合、よだれが垂れてしまうことで首のあたりまで肌荒れしてしまうので注意が必要です。

それに、スタイがないとベビー服も必要以上に汚れてしまいます。よだれは、見た目には透明なのですが、いつの間にか、洗濯しても落ちないシミになります。

そこで、よだれの多い赤ちゃんには、機能的なスタイがおすすめです。

Mum 2 Mum(マム トゥー マム)

Mum 2 Mum(マム トゥー マム)は、ニュージーランドのブランドです。明るくきれいな色使いのスタイはとてもかわいいですね。

表地はタオル地になっていて、1/3カップの水分を瞬時に吸収するというのですから、すごい吸収力です。また、柔らかい肌触りなので肌にやさしく刺激が少なくて済みます。さらに、裏地はナイロンになっていて、洋服によだれがしみないので助かります。


JUYEE

JUYEE のスタイは360度動くので、アクティブな赤ちゃんのよだれもしっかりとキャッチしてくれます。素材が柔らかくて肌に優しいのも安心です。


コットン100%で赤ちゃんにも優しい素材でできています。通気性も吸水性も優れているので、長時間着用しても大丈夫です。スタイの中には防水シートが入っていて、よだれが服に染みるのも防いでくれます。


まとめ

よだれの多い赤ちゃんのよだれかぶれの予防について解説し、肌の保護におすすめのアイテムやスタイもご紹介しました。

自分の赤ちゃんのよだれは、透明であまり汚く感じないのでつい油断してしまいがちです。赤ちゃんのデリケートな肌にとってはとても刺激が強いので注意しましょう。

ちょうど離乳食が始まる前の3~4か月頃からよだれが増え始め、口の周りが荒れはじめます。今度は離乳食が始まることで食べ物の刺激も加わり、さらに赤く荒れてしまうのです。

早めに赤ちゃんのよだれかぶれを予防して肌を保護し、口の周りが赤くならないようケアしてあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました