学資保険を検討するなら産休中に!おすすめの選び方をご紹介

学資保険

ゆったりと過ごせる産休中にやっておきたいことの一つが、学資保険の検討です。

とはいえ、そもそも学資保険は必要なのか、どれを選んだらよいのか、何から検討したらよいかすらわからないという人もいるのではないでしょうか?

そこで、学資保険の必要性や学資保険のおすすめの選び方について解説します。実際に我が家ではどのように学資保険を決めたのかもご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

学資保険ってホントに必要?

学資保険は必要か

そもそも、どうして学資保険に入るのかというと、一番の目的は、将来の子供の教育資金を準備するためです。ジュニアNISAなど、他の方法で準備する予定であれば、必ずしも学資保険は必要ありません。

ただ、学資保険で教育資金を準備するのにはメリットがあります。

まず、払込免除特約を付けられます。払込免除特約とは、契約者である親にもしものことがあったときに、保険料の払込を免除され、満期金がもらえるという特約です。

親が死亡したり高度障害になってしまうなど、もしものことがあっても子供の教育資金は問題なく準備でき、安心ですね。

また、保険料ですので、税金の控除対象になるというメリットもあります。他に医療保険特約を付けて保障を充実させることもできます。

学資保険のおすすめの選び方

学資保険の選び方

とはいえ、たくさんある学資保険の商品の中から、いったいどれを選んだらよいのでしょう?

貯蓄重視?保障重視?

学資保険の主な目的は教育資金の準備ですので、元本割れしてしまっては困ります。

そのため、保障は重視せずに貯蓄型で返戻率の高い学資保険を選ぶ人が多いのではないでしょうか。

ただ、親が他に生命保険等に加入していないのであれば、同時に保障についても検討するといいですね。

子供の医療保障を付ける医療保険特約もありますが、医療保険特約は付けない人も多いです。なぜなら子供の医療費には、市区町村による助成制度があるからです。各市区町村によって助成内容は異なるものの、子供の医療費は無料になる市区町村が多くあります。

それなら医療保険は必要ないと考えるわけです。

返戻率で選ぶ

返戻率

ところで、返戻率って何かご存知ですか?返戻率とは、払込保険料の総額に対する、将来受け取れる保険金の割合のことです。

【計算式】返戻率(%)=(お祝い金+満期保険金)÷(払込保険料の総額)×100

この返戻率が高ければ高いほど貯蓄性が上がりますので、学資保険を選ぶ際のひとつの指標となり得ます。

保険金の受け取り方で選ぶ

保険金の受け取り方

また、保険金がどのタイミングでいくら受け取れるのかというのが重要になってきます。

一般的には、大学入学時にかかるお金を基準に学資保険で教育資金を準備しますので、18歳になってからではなく、17歳で受け取れるプランがある学資保険を選びたいという人が多いでしょう。

貯蓄性を高めるために15歳で受け取れるプランを選ぶこともあれば、在学中の学費を想定して20歳で受け取れるプランを選ぶこともあります。また、入学時と在学中とに分けて受け取れるプランもいいかもしれません。

どのタイミングでいくら受け取りたいのかによって、毎月積み立てる金額も返戻率も変わってきます。例えば、18歳で200万円を受け取るとしたら、0歳から積み立てたとして月々の支払いは1万円程度です。

200万円じゃ足りないからもっと積み立てたいと思っても、月々の支払額が増えてしまいますので、ここは慎重に検討しましょう。

学資保険は途中で解約すると元本割れしてしまう可能性がありますので、継続することが大切です。無理のない保険料で継続しましょう。

学資保険で最低限の教育資金を確保し、あとは、貯蓄など別の方法との合わせ技で積み立てるのもおすすめです。

一括資料請求で保険会社を比較して選ぶ

インズウェブ 学資保険

学資保険も、保険の窓口 インズウェブなら一括資料請求できます。一括請求すれば、一度に複数社の学資保険の資料が届き、返戻率なども詳しく載っていますので、比較検討しやすいですね。

我が家の学資保険

我が家の学資保険

実は、私が学資保険を検討したのは次男を妊娠中の頃でした。長男のときは学資保険を検討せず、別の方法で貯めればいいと思っていたのです。長男と次男は5歳違いますが、その5年の間に、教育資金として貯められた金額はごく僅かでした。

これではいけないと思い、次男の産休中に、強制的に積み立てできる学資保険に入ることにしました。死亡保障や医療保険などは、別途入っていた保険で十分だったので、我が家では貯蓄性重視で学資保険を選んでいます。

フコク生命の「みらいのつばさ」

当時、フコク生命の「みらいのつばさ」だと、医療保険等余計なものを付けなくてもよくて、貯蓄性が高かったので、こちらを選びました。長男は学資保険に入れるギリギリの年齢で、なんとか入ることはできましたが、遅いスタートとなったため、月々の保険料は次男より2,000円高くなりました。

ちなみに2人とも、入学時にお祝い金を受け取れるプランを選んでいます。実際これは、長男の中学入学のときなどに想像以上に助かりました。

日本生命の「ニッセイ学資保険」

フコク生命で学資保険を契約してしばらく経った頃に、日本生命からも貯蓄性の高いニッセイ学資保険が登場しました。

もう長男は学資保険に入れる年齢ではなかったので、次男だけニッセイ学資保険にも入ることにしました。なぜなら、ちょうど学資保険だけでは教育資金としては足りないかもしれないと思っていたところだったからです。

フコク生命でお祝い金を受け取れるので、こちらはお祝い金を受け取らないプランにして、契約者も夫ではなく私にしました。

学資保険の感想

私はどうやら長期にわたる貯蓄は苦手なようなので、確実に積み立てられる学資保険に頼ってよかったです。もちろん他の手段で教育資金を準備できるなら、学資保険でなくとも大丈夫です。ただ私のように、貯蓄が苦手な人には学資保険で教育資金を準備するのはおすすめです。

おかげで、2人の息子の教育資金を上手に準備できつつあります。

まとめ

今回は、我が家の体験談もご紹介しつつ、産休中にぜひじっくり検討したい学資保険についてまとめてみました。

学資保険は、貯蓄性を重視して子供の教育資金を準備するのにおすすめです。親に万が一のことがあった際に払込免除になるというメリットがあるのも助かります。

どうやって子供の教育資金を準備するのが良いか、時間にゆとりのある産休中にじっくり検討してみてください。赤ちゃんが生まれてからでもいいのですが、産休期間中の方がゆったりと時間を取れます。

また、0歳から加入するほうが毎月の保険料の負担も少なく済みますので、産休中に学資保険を検討しておくのはおすすめです。

インズウェブ 学資保険

コメント

タイトルとURLをコピーしました