【赤ちゃんQ&A】赤ちゃんの便秘を解消するにはどうしたらよい?

赤ちゃんの便秘、意外と頑固ですよね。我が家の長男も赤ちゃんの頃便秘になってしまい、私は毎日ウンチのことで頭がいっぱいでした!今思えば、そんなに深刻になることはなかったのかもしれないのですが、その時は必死だったのです。

そんなわけで、今回は、赤ちゃんの便秘解消について、私自身がやってみて良かったことや、その後の経過についてお話ししたいと思います。

赤ちゃんが便秘になるきっかけって何?

赤ちゃんは、実は水分不足になっていたり、まだ腸が未熟であまり活発でなかったりという場合に、便秘になることがあります。

それ以外にも、離乳食を始めたのをきっかけに、毎日出ていたゆるゆるウンチが出なくなったり、トイレトレーニングを始めたのをきっかけに何日も出ない頑固な便秘になったりと、節目節目で便秘になることがあります。

我が家の長男はまさにこの状態で、母乳のみだった5カ月までは日に何度もゆるゆるウンチが出ていたのに、離乳食が始まったとたんに何日も出ない便秘になってしまいました。その後、離乳食に慣れて来たらしばらく落ち着いていたものの、トイレトレーニングをきっかけにまた頑固な便秘になってしまいました。

ちなみに次男は、同じ母乳で育てていたのに、かなり早い段階から1日1回ゆるゆるではない固形のウンチをするようになり、たまに数日出ないことはあるものの、離乳食が始まってもトイレトレーニングを始めても変わらず、言ってしまえば小学生になった今も、ほぼ毎日同じペースで排便しています。

赤ちゃんの腸の発達状況や赤ちゃんのタイプによって、同じことをしていても便秘になる子はなり、ならない子はならないということですね。

赤ちゃんが便秘になってしまったら

赤ちゃんが便秘になってしまったら、まずは赤ちゃんの様子をよく観察してみて下さい。

特にいつもと様子が変わらなければ、しばらく様子を見てみましょう。2~3日後には出るかもしれません。

赤ちゃんが火が付いたように泣くとか、いつもより機嫌が悪いといった場合には、迷わず小児科を受診しましょう。腸に何か異変が起こっているかもしれませんし、お腹が張って苦しいのかもしれません。また、稀に先天的な原因もあるようですので、一度診てもらった方が安心です。

赤ちゃんが便秘になって病院へ行くと、特に病気ではない場合、その時点で何日も出ていないのであれば浣腸され、マルツエキス(水飴状の飲み薬)を出されるというパターンが多いかと思います。場合によっては下剤が処方されることもあります。

我が家の長男の場合は、小児科で浣腸してもらえばとりあえず便が出て安心するものの、結局また翌日から便秘になってしまい、マルツエキスは効いている気がしませんでした。

赤ちゃんの便秘解消大作戦

我が家の長男が離乳食をきっかけに便秘になってしまったときは、一時期10日も出なくてビックリしましたが、長男の機嫌は良かったので様子を見ていると、長時間外出した日に刺激になったのか、ついに便秘解消!ホッとしました。

便秘のきっかけも排便のきっかけもさまざまです。

それでは、やってよかった便秘解消大作戦をご紹介したいと思います。

離乳食がきっかけで便秘になってしまった場合

水分補給大作戦

離乳食をきっかけに便秘になる場合、腸の発達状況が未熟なところに離乳食が始まったことで、腸がビックリして処理しきれなくなってしまったということが考えられます。また、離乳食が進めば進むほど授乳回数が減りますので、知らず知らずのうちに水分補給量が減ってしまっていたということがあります。そのため、意識して水分補給させることで便秘が良くなることがあります。

我が家の長男も、離乳食をきっかけに便秘になった時は、水分補給をしっかりするように心がけながら離乳食を少しずつ進めていき、離乳食に慣れてきた頃にはそれほど長い便秘はなくなり、排便ペースもある程度落ち着きました。

ベビーマッサージ大作戦

また、赤ちゃんとママが一緒に楽しめるベビーマッサージをしてあげるのもおすすめです。

ママの手で全身をマッサージしてもらったり体を動かしたりすることで、心地良い刺激になり排便を促してくれます。

ママ自身もベビーマッサージで赤ちゃんと触れ合うことでとても癒されます。

トイレトレーニングをきっかけに便秘になってしまったとき

しかし、頑固な便秘に悩まされたのは、トイレトレーニングをきっかけに起こった便秘です。これはストレスによるところが大きかったのだと思います。トイレでウンチができるかどうかというプレッシャーにより便秘になってしまったようなのです。

そして、便秘になってしまうと、今度はウンチが硬くてなかなか出ないという状況に陥り、出したいのに出ない、出そうとすると痛い、でも出さなきゃ・・・と、プレッシャーに加えてトイレへの恐怖感倍増⁉

負のスパイラルに陥り、これはなかなか大変でした。

便秘特製パンケーキ大作戦

この頃に良く作っていたのが、オールブランと刻んだプルーン、リンゴをホットケーキミックスと一緒に混ぜて作るパンケーキです。

長男はこれが好きでよく食べましたし、これは便秘に効果があったと思います。

どうやら長男にはプルーンが合っていたようなのです。

その後もことあるごとに便秘になる長男は、3歳になるころには本人もプルーンを食べれば出ると認識し始め、便秘気味のときはプルーンを欲しがるようになり、プルーンのパンケーキを焼いてほしいと言うようにもなりました。

ママはゆったり大作戦

ママは子供の便秘に焦らず悩まず、ゆったり構えるのが一番です!

ママが、子供のウンチが出ないことで頭を抱えれば抱えるほど、子供はプレッシャーを感じてしまうからです。

そこで私は、イチジク浣腸を常備しておき、1週間出なかったら諦めて浣腸することにして、それまでの間は長男の便秘に関心を持たないことにしました。長男は長男で、1日1回はトイレトレーニングのため便座に座りますが、出ないようなら無理せずおしまい。

そんなことを繰り返しているうちに、だいたい5日に1回ペースで出るようになり、浣腸のお世話になることが減り、ついに使わなくなりました。それでも毎日出ることはなく、3~5日に1回というペースでしたが、徐々に間隔は短くなりました。

どうやら我が家の長男は、何かストレスがかかると胃腸が過敏になるタイプのようで、その後もことあるごとに便秘になり、中学生になった今でも、ちょっとしたきっかけで便秘になったり下痢になったりと、忙しい人です。



まとめ

赤ちゃんも、便秘になるきっかけはさまざまです。

特に赤ちゃんの腸の発達状況はそれぞれ違いますので、離乳食をきっかけとした便秘はよく起こります。それに、赤ちゃんのタイプによっても便秘になる子とならない子がいて、小さくてもストレスによる便秘もあるのです。

先天的な原因があったり病気を指摘されたりということでなければ、赤ちゃんの様子を見ながら水分補給を増やしてみたり、ヨーグルトやプルーンなどを取り入れたりしつつ、まずはゆったりと見守り、赤ちゃんの排便のペースを掴みましょう。

スポンサーリンク
レクタリング広告大