*当サイトでは広告を利用して商品を紹介しています。

乳児湿疹がひどい時の原因と対処法!病院へのかかり方も紹介

赤ちゃんの肌トラブル

産後、慣れない育児に戸惑いたくさん不安を抱えたママにとって、ひどい乳児湿疹はつらいものですよね。

ケアのしかたがよくないのではないか、食生活が悪いのではないかと、自分を責めてしまうママもいます。

この記事では、乳児湿疹がひどい時の原因と対処法、病院へのかかり方についても解説するので、ひどい乳児湿疹にお悩みの方は参考にしてください。

スポンサーリンク

乳児湿疹がひどい時の原因

なぜ乳児湿疹がひどい状態になったのか

そもそも、乳児湿疹は一時期多くの赤ちゃんに出るものの、時が来れば自然とひいていくものです。それなのに、どうしてひどい状態になってしまうのでしょう。

主な原因は、乾燥だと言われています。

ママのお腹の中から出てきたばかりの赤ちゃんのお肌は、胎脂に覆われしっとりとしていますが、外気にさらされることで、2か月の頃にはすっかり乾燥しやすい状態

乾燥すると、ただでさえデリケートで薄い皮膚のバリア機能は低下し、少しの刺激でも肌に炎症が起こりやすくなり湿疹ができてしまいます。

乳児脂漏性湿疹とは異なり、乾燥性の湿疹はかゆみを伴うので、赤ちゃんは掻いてしまいます。

そして、掻き壊してしまうことで、どんどんひどくなっていくのです。

もうひとつ、アレルギーがある可能性も捨て切れません。

とあるママは、乳児湿疹がひどくなる一方だったため、皮膚科で検査をしたら牛乳アレルギーが判明したそうです。

その赤ちゃんは、牛乳アレルギーとは知らずに市販の粉ミルクを飲んでいたため、アレルギーを起こしていたのだそうです。

乳児湿疹がひどい時の保湿のしかた

乳児湿疹がひどいときの保湿

乳児湿疹に乾燥は大敵です。とはいえ、乳児湿疹がひどいときにも保湿剤を塗って大丈夫なのか心配ですよね。

もし乳児湿疹がひどくなったら、迷わず病院を受診し、医師に薬を処方してもらってください。保湿剤が一緒に出される場合もありますし、薬と保湿剤がブレンドされたものが出される場合もあります。

いずれにしても、医師の説明にしたがって正しく使用しましょう

症状がひどい時は、病院で処方された薬と保湿剤を適切に使うのが基本です。

症状がよくなっても保湿はしっかりと行います。症状がおさまれば、市販の保湿剤でOKです。

乳児湿疹がひどい時の病院へのかかり方

病院へのかかり方

乳児湿疹で病院へ行きたいとき、小児科にかかったらいいか皮膚科にかかったらいいか迷うのではないでしょうか。

基本的に、赤ちゃんはかかりつけの小児科で診てもらうことが多いですよね。でも、乳児湿疹がひどい状態なら、皮膚科にかかることをおすすめします。

皮膚科の医師は皮膚の専門家です。医師の指示に従って、正しく薬を使用することで、早く治る可能性が広がります。

我が家の長男も乳児湿疹がひどく、赤くなりジクジクしていたことがありました。

小児科で出された薬では治らず、結局皮膚科を受診し皮膚科の医師の指示のもとで、処方された薬と保湿剤を使い少しずつよくなっていきました。

病院選びのコツは、小児科であれ皮膚科であれ、ママが相談しやすいかどうかです。

ひどい乳児湿疹はアトピーではないの?

アトピーとひどい乳児湿疹の違い

「乳児湿疹は誰でもなるし、放っておいてもしばらくすればよくなる」と言われることが多いですよね。これは乳児脂漏性湿疹のことを指しています。

しかし、数か月たってもよくならず、掻いてしまっている場合には注意が必要です。

湿疹や乾燥によるかゆみで掻き壊したり、よだれや離乳食の刺激も手伝って、赤くジクジクになると、病院にかかってよくなってもまた繰り返してしまいます。

6か月を過ぎてこのような状況が続くと、乳児アトピーと診断されることもあります。

ただ、乳児アトピーと診断されたとしても、子供のうちによくなる可能性が高いそうです。

我が家の長男も、一進一退を繰り返しながら少しずつよくなっていきました。それでも乾燥するとすぐに湿疹が出てしまうので、保湿は欠かせませんでした。

小学生になって以降はほとんど出なくなりましたが、乾燥する季節になると、膝裏などに部分的にアトピーの症状が出ることがあります。

でも、掻き壊したりする前にすぐに薬を塗るので、それ以上悪化することはありません。

まとめ

赤ちゃんの乳児湿疹は、かわいい柔肌だからこそ余計に痛々しくてかわいそうで、ママにとってはとても悲しいものです。

でも、あまり悲観しすぎないでください。

うちの子だけ乳児湿疹が治らない……と思うかもしれませんが、肌が敏感で少しの刺激にも反応してしまう子もいるのです。

乳児湿疹がひどいようなら、迷わず病院へ行きましょう。医師の指導のもとで適切な薬と保湿剤を使って、少しずつよくなるのを待ちます。

症状が改善したら、市販の保湿アイテムだけでも大丈夫です。赤ちゃんの肌にやさしいものを選んでしっかりと乾燥を防いであげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました