保湿力の高い日焼け止めを比較!赤ちゃんへの正しい塗り方とは?

保湿力の高い日焼け止め

赤ちゃんとのお出かけには日焼け止めが欠かせません。赤ちゃんの肌はもともと乾燥しやすく、日焼けをするとさらに乾燥が進んでしまうからです。

それならなおさら、赤ちゃんの肌には保湿力のある日焼け止めを使いたいですよね。

そこで、赤ちゃんの日焼けを防ぎつつ肌も保湿できる、保湿力の高い日焼け止めをご紹介します。併せて赤ちゃんへの日焼け止めの塗り方も解説しますので、確認しておきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんのための日焼け止めを選ぶコツ

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶコツ

ではまず、赤ちゃんのための日焼け止めを選ぶための5つのコツをご紹介したいと思います。

  • 肌への刺激が少ない
  • 日焼けをしっかり防ぐ
  • 乾燥を防ぐ
  • 伸びがよく塗りやすい
  • 石鹸で落としやすい

肌への刺激が少ない

肌への刺激が少ない日焼け止め

日焼け止めには、紫外線吸収剤などの肌への刺激の強い成分が使われているものもあります。

そういった日焼け止めの使用は控え、できるだけ肌に優しいものを選びましょう。

日焼けをしっかり防ぐ

日焼けをしっかり防ぐ日焼け止め

肌に優しければ優しいほど、日焼けを防ぐ効果が低くなってしまうものもあるので、バランスよく選ぶ必要があります。

特に長時間太陽の下で過ごすことになる場合は、SPF30以上の日焼け止めを選ぶと安心です。

逆にそれほど長い時間強い日差しの下で過ごすわけでないなら、肌への優しさを重視してもよいでしょう。肌に優しい日焼け止めは、SPFの数字が多少低めのものが多いので、日よけや帽子なども上手に利用するといいですね。

乾燥を防ぐ

乾燥を防ぐ日焼け止め

赤ちゃんの皮膚は薄くてデリケートですので、すぐに乾燥してしまいます。特に日焼けは肌の乾燥を招きます。そのため、赤ちゃんには保湿力のある日焼け止めがおすすめです。

伸びがよく塗りやすい

伸びがよく塗りやすい日焼け止め

赤ちゃんには、手早くササっと塗れる伸びのよい日焼け止めがいいですね。

塗りにくいテクスチャのものを長々と塗っていると赤ちゃんは嫌がります。

石鹸で落としやすい

石鹸で落としやすい日焼け止め

赤ちゃんに使う日焼け止めは、石鹸で落としやすいものを選びましょう。塗ったはいいけれどお風呂に入ってもなかなか落ちないようでは困ります。

逆に、お湯ですぐに落ちるというものは肌に優しい反面、塗ってもすぐに取れてしまう可能性があるので、こまめに塗り直してください。

保湿力の高い日焼け止めを比較

保湿力の高い日焼け止めを比較

赤ちゃんにおすすめしたい、保湿力の高い日焼け止めを3つピックアップしてみましたので、それぞれの特徴を比較してみましょう。

ママバターのUVカットクリーム

天然由来保湿成分でお肌に優しいママバターUVケアクリームは、紫外線吸収剤などは使っていません。シアバター5%配合で、お肌がしっとり潤いつつUVケアもできる、ノンケミカルの日焼け止めクリームです。

保湿効果が高いので、乾燥からもしっかり肌を守ってくれます。石けんで落とせるのも安心ですね。芸能人ママ達も愛用していることで知られています。

SPF25 PA++

ヴェレダのエーデルワイス UVプロテクト

※画像は公式サイトより引用

こちらは、ヴェレダが日本人の肌に合わせて開発したオーガニックの日焼け止め、エーデルワイス UVプロテクトです。

天然由来成分100%で肌に優しいのに、紫外線はしっかりカットしてくれます。
高い保湿力で1日中しっとり!

生後1か月の赤ちゃんから使用できますし、ママも一緒に使ってみると、その日焼け止め効果と保湿力の高さに感激しますよ。

SPF38 PA++

ファムズベビーのエンジェルUVスプレー

こちらは、肌を“バリア”しながら“UVケア”できる新しいUV製品です。

Fam’s Baby から、2019年春に、UVケアできる新しい商品が発売されました!

3か月の赤ちゃんから、毎日使える肌に優しいUVケア製品です。スプレータイプなので、手軽に使えてサラッとしているのに保湿力が高いというのも魅力です。

紫外線吸収剤・合成香料・着色料・パラベン・アルコールは無添加で、なおかつ4つの美容成分が配合されています。
ユキノシタエキス
・ボタンエキス
・クズ根エキス
・甘草エキス

日焼け止めなのに、しっかりと潤いをキープしてくれるところが頼もしいですね。

SPF35 PA++

赤ちゃんへの日焼け止めの塗り方

日焼け止めの塗り方

赤ちゃんの日焼け止めは、伸びが良くて塗りやすいものを選びましょう。

そのうえで顔は、額・ほっぺ・鼻・顎と、分けて塗ります。内側から外側に向けて塗るといいですよ。腕や足は、日焼け止めをまず自分の手になじませます。そして腕や足を軽く握ってクルクルと滑らせるように塗っていきます。

また日焼け止めは汗をかいたりすると取れてしまいますので、こまめに塗りなおしてください。

まとめ

赤ちゃんのための日焼け止めを選ぶコツをご紹介したうえで、保湿力の高い日焼け止めを3つご紹介しました。

日焼けをすると肌の水分が蒸発して乾燥してしまい、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。薄くてデリケートな赤ちゃんには、肌に優しい日焼け止めをしっかり塗って、日差しから守ってあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました