乳児湿疹を保湿で予防!ドルチボーレのミルキーベビーローション

ドルチボーレ

赤ちゃんのスベスベしたやわらかい肌を台無しにしてしまうのが、乳児湿疹です。乳児湿疹は乾燥が原因で悪化することが多いので、肌の保湿がとても重要になります。

そこで、乳児湿疹を予防するための保湿について解説します。赤ちゃんの肌の保湿におすすめしたいドルチボーレ ミルキーベビーローションもご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

乳児湿疹は保湿で予防できるってホント?

乳児湿疹は保湿で予防

乳児湿疹は、保湿をしっかり行うことで乾燥による悪化を予防できます。

赤ちゃんの肌は、まだまだ皮膚のバリア機能が未熟なので、保湿によってバリア機能を補ってあげることが大切なのです。

保湿しないとどうなるの?

赤ちゃんの肌はとても薄くてデリケートです。保湿しないと、乾燥により刺激を受けやすくなり、ちょっとしたことですぐに荒れてしまいます。

逆に言えば、保湿をして乾燥を防いで肌を保護することによって、乾燥による乳児湿疹は予防可能だということです。

顔にも保湿剤を使っていいの?

顔にも保湿剤を使っていい

そうはいっても、顔の皮膚は体よりもさらにデリケートですよね。顔にも体と同じように保湿剤を使ってもいいものなのでしょうか?答えはYESです!

顔は最も外気にさらされ、刺激を受けやすいですよね。むしろ、しっかりと守ってあげなくてはいけない部位だといえます。赤ちゃんのための保湿剤で、顔と体を区別しているものは少ないです。

赤ちゃんにとって安全で安心して使える保湿剤を選び、顔も含めた全身をしっかり保湿してあげてください。

乳児湿疹が出ていても保湿した方がいい?

乳児湿疹が出ていても保湿していいか

では、すでに乳児湿疹が出てしまっている場合はどうなのでしょう?乳児湿疹が出ている上から保湿をするべきなのでしょうか?

湿疹が出ている場合は、まずは適切な薬を塗ることが最優先です。湿疹が出ているところへ直接保湿剤を塗って、悪化してしまうケースもあるからです。

保湿剤は、薬を塗ってから重ねて保湿できるものもありますし、多くの場合、受診すると薬と一緒に保湿剤が処方されます。

乳児湿疹が出ているときは、医師の指示に従って適切に保湿をしましょう。

乳児湿疹の予防にはドルチボーレがおすすめ

ドルチボーレは、シンプルに赤ちゃんのお肌への「やさしさ」「保湿」にこだわったスキンケアシリーズです。

ドルチボーレのスキンケアシリーズの一つである、ドルチボーレ ミルキーベビーローションは、赤ちゃんのデリケートな肌のために作られた、乳液タイプの全身用保湿ローションです。

マンダリンオレンジのほのかの香りが、赤ちゃんもママも癒してくれます。

ドルチボーレ ミルキーベビーローションの5つのこだわり

ドルチボーレミルキーベビーローションの5つのこだわり

そんなドルチボーレ ミルキーベビーローションは、配合成分にこだわっています。

ドルチボーレの5つのこだわりをご紹介しましょう。

  • 非加熱天然水「天使の希水」を使用
  • 美容業界注目のミネラル「ケイ素(シリカ)」を配合
  • お肌の潤いをもたらすセラミドやヒアルロン酸
  • 潤いを閉じ込める馬油やシアバター
  • 余計な8つの成分無添加
    ( 合成香料・着色料・鉱物油・アルコール/エタノール・パラベン・旧表示指定成分・ フェノキシエタノール・シリコーン)

ドルチボーレ ミルキーベビーローションでの保湿方法

ドルチボーレの保湿方法

ドルチボーレ ミルキーベビーローションは、お風呂から出たらすぐにたっぷりと塗ります。

  1. ベビーソープで洗って肌を清潔に保つ
  2. 入浴後5分以内にベビーローションをつける

入浴後、保水されている状態の肌に、ドルチボーレ ミルキーベビーローションをすぐに塗ることで、潤いを閉じ込めてしっかりと保湿できます。

入浴後は乾燥しやすいので、5分以内にササっと保湿するのがコツです。

ドルチボーレ ミルキーベビーローションなら、乳液タイプなので伸びも良く、全身に短時間で塗れます。

乳児湿疹の予防にドルチボーレのベビーローション

保湿の必要性を解説し、赤ちゃんの保湿にピッタリなドルチボーレ ミルキーベビーローションをご紹介しました。

ドルチボーレ ミルキーベビーローションは、赤ちゃんの肌のことを考えて作られた保湿ローションです。成分にもこだわりぬいていますので、安心して使えます。

しっかり保湿をして、乳児湿疹を予防しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました