頭にできた乳児湿疹のケアってどうしたらいいの?かさぶたも気になる!

頭にできた乳児湿疹を発見して驚いた方も多いのではないでしょうか?

赤ちゃんの頭に、赤いブツブツや黄色いブツブツ、うろこのようなかさぶたがくっついていたりするのですから無理もありません。

しかし、頭には髪の毛も生えていますよね。

頭にできた乳児湿疹はどのようにケアしたらよいのでしょう?

そんなわけで、ここでは赤ちゃんの頭にできた乳児湿疹の特徴や、薬や保湿剤の塗り方などのケア方法について解説します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの頭にできる乳児湿疹

赤ちゃんは、頭にも乳児湿疹が出やすいのですが、頭にできる乳児湿疹とはどういうものなのでしょう?

乳児脂漏性湿疹

生後1か月くらいから赤ちゃんの頭や顔など皮脂の多い部分に多く見られる症状で、赤いぶつぶつや黄色いブツブツ、黄色っぽいうろこのようなかさぶたができたりします。

これは、ママから受け継いだホルモンの影響で皮脂の分泌が活発になることで起こると言われていて、数か月ほどでなくなっていくのが一般的です。

かさぶたのようになってしまうのは、皮脂の分泌が活発すぎて、皮脂が固まってしまうからです。

頭皮の乾燥

また、頭皮が乾燥してカサカサすることにより湿疹が出ることがあります。

乾燥により出る湿疹は痒くなるので、頭を痒そうにしている場合には乾燥していることが考えられます。

乳児脂漏性湿疹と混在している場合には、かさぶたごと掻き壊してしまうこともあり注意が必要です。

頭にできた乳児湿疹のケア方法

頭にできる乳児湿疹についても、まずは清潔にすることが大切です。

そのため、バスタイムには頭もたっぷりの泡でやさしく洗ってあげてください。

洗っている間に自然とかさぶたが取れて、きれいになっていることもあります。

乳児脂漏性湿疹は、清潔にしていれば自然となくなっていくことが多いのですが、菌が感染して炎症を起こしたり、乾燥と併発して掻き壊してしまうことで、悪化するケースも少なくありません。

その場合には、病院で適切な薬を処方してもらって塗らないと治らないこともあります。

うろこ・かさぶたのケア

うろこのようなかさぶたが赤ちゃんの頭にくっついていると、ついつい剥がしたくなりますが、無理に剥がしてはいけません。

お風呂の前に、ベビーオイルや白色ワセリンなどを塗って柔らかくゆるませてから洗うと剥がれやすくなります。

乾燥のケア

赤ちゃんの肌は、生まれてしばらくすると乾燥しやすくなりますが、頭皮も同じです。

頭皮は皮脂の分泌が盛んで、保湿しないほうがよい場合もありますが、乾燥によりカサカサになってしまうと痒くなるので、乾燥しているようならやはり頭皮にも保湿が必要になります。

地肌の乾燥を防ぐシャンプーを使ったり、頭皮に保湿ローションを塗ってあげるなどのケアをしてましょう。


頭に薬や保湿剤を塗る方法

そこで気になるのが、髪の毛の生えている頭にどうやって薬や保湿剤を塗ったらよいのかという点ですよね。

頭の乳児湿疹で病院を受診すると、軟膏ではなくローションタイプの薬や保湿剤が処方されるはずです。

髪の毛ではなく頭皮に塗りたいので、塗りたい箇所の髪を分けて地肌を出し、そこにローションを垂らして指で地肌に塗っていきます。

範囲が広いと何回か髪を分けては塗り、というのをくり返します。

背中のように広範囲に手のひらで一気に塗れないので、赤ちゃんに泣かれてしまうと悲しくなりますが、赤ちゃんの髪をかき分け、ローションを垂らし、指数本を使って指の腹でサササッと塗ってしまいましょう。

まとめ

今回は、頭にできた乳児湿疹について解説しました。

私も息子が赤ちゃんのとき、頭からなんともいえない臭いがし始めたと思ったら、黄色いかさぶたのようなものがくっついていてビックリしました。

これは皮脂がかたまってできたものだったのですね。

だから産後の沐浴指導のとき、「赤ちゃんの頭も怖がらずよく洗ってね」と言われていたわけです。

頭にできる乳児湿疹は悪化させなければ自然となくなっていきますので、まずは頭も石鹸でよく洗って清潔にしましょう。

ジュクジュク悪化してしまうようなら迷わず病院で薬をもらってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました