固形石鹸vs泡タイプのベビーソープ!どっちを使うとよい?

赤ちゃんのバスタイムには、どのようなベビーソープを使っていますか?

固形石鹸でしょうか、それとも泡のボディソープでしょうか?

ベビーソープといってもたくさんあり、どれを選んだらよいか悩みますよね。

そこで今回は、赤ちゃんを洗うなら固形石鹸がよいのか、泡のボディソープで洗うのがよいのか、どっちのベビーソープを使うのがおすすめなのかご紹介していきます。

スポンサーリンク

ベビーソープの種類

赤ちゃんによく使われるベビーソープの種類は、主に次の2つです。

  • 固形石鹸
  • 泡タイプのベビーソープ

液体タイプのベビーソープも少数ながらありますが、泡立てにくく肌への刺激の強いものも多いので、あまり使われていません。

また、ベビーソープには弱アルカリ性のものと弱酸性のものがあります。

よだれや離乳食の汚れなどをしっかり分解して落としてくれるのは、無添加石鹸に多い弱アルカリ性の石鹸です。

ただ、必要な皮脂まで洗い流してしまうと乾燥による肌荒れを引き起こすので、注意が必要です。

肌の状態に近い弱酸性のベビーソープの方が、肌にはやさしいといえます。

ベビーソープに固形石鹸を選ぶ理由

固形石鹸を選んだ方のなかには、出産後の沐浴指導が固形石鹸だったから、迷わず固形石鹸を用意したという人もいるかもしれませんね。

固形石鹸には余計な添加物が少なく、泡切れもよいため、赤ちゃんを洗うためのベビーソープとして適しています。

乳児湿疹で病院を受診すると、固形石鹸をすすめられ「牛乳石鹸がいいよ~」なんて言われることも多いようです。

ただ、固形石鹸がすべて無添加だとは限らず、添加物が少なくて低刺激だけど香料は使っているなど、完全に無添加ではないものもあります。

また、固形石鹸は泡立てるという作業が必要になりますよね。

赤ちゃんをお風呂に入れながら片手でしっかり泡立てるのはなかなか難しく、手間取ってしまいます。

しっかり泡立てられないことで、汚れを洗い残してしまうのも心配ですよね。

固形石鹸は余計な添加物が少ない
● 固形石鹸は泡切れが良い
△ 片手で赤ちゃんを支えつつ固形石鹸をしっかり泡立てるのは大変
△しっかり泡立てられずに洗い残しがあると心配

人気の固形石鹸1:キューピー ベビーせっけん 牛乳石鹸

キューピーのベビーせっけんは、たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2019(スキンケア部門ベビーソープ固形)で第1位にランクインした人気の固形石鹸です。

低刺激で無着色、皮膚アレルギーテスト済みですが、微香性で香料は入っています。

人気の固形石鹸2:ピジョン ベビーソープ

ピジョンのベビーソープは、透明の石鹸で、皮膚を保護してくれるスクワランや肌に水分を蓄えてくれるセラミドを配合しているので、赤ちゃんの肌がしっとりと洗い上がります。

安心の無香料・無着色で、皮フ刺激性テスト済みです。

人気の固形石鹸3:シャボン玉 ベビーソープ

シャボン玉のベビーソープは、合成界面活性剤や酸化防止剤、香料、着色料といった余計な添加物が入っていない無添加石鹸です。

石鹸の原料にアボカドオイルが使われていて、しっとりと洗い上げることができます。

皮ふアレルギーテスト・皮ふ刺激テスト済みです。

泡タイプのベビーソープを選ぶ理由

なんといっても泡タイプのベビーソープは、泡がそのまま出てくるわけですから使いやすい!

ポンプ式なので、片手で押すだけでこんもりとした泡が出るため泡立てる必要がなく、たっぷりの泡で赤ちゃんを隅々まで優しく洗うことができます。

特に首の座らない新生児を洗う際には、石鹸を泡立てている余裕はなかなかないので、簡単に泡で出てくるボディソープは重宝しますね。

ただ、泡タイプのものには合成界面活性剤や合成香料、防腐剤などが使われているものも少なくないので、よく確認して選ばなくてはいけません。

泡のベビーソープならたっぷりの泡で赤ちゃんの肌をやさしく洗うことができる
● ポンプ式なので片手で押すだけで泡が出て新生児の沐浴もラクラク!
△ 泡のベビーソープには合成界面活性剤など余計な添加物が入っているものもある

安心して使える泡タイプのベビーソープの選び方

泡タイプのベビーソープを選ぶ際には、まず次の2つのポイントをクリアしておきたいものです。

  • 合成界面活性剤や合成香料など余計な添加物が少ないものを選ぶ
  • できるだけ泡ぎれのよいベビーソープを選ぶ

この2つのポイントをまずクリアしたら、次に何を重視して選ぶかを考えましょう。

例えば、天然由来成分を主としたオーガニック製品であることを重視したいという人もいれば、アレルギーを懸念して、アレルゲンカットを重視したものを選びたいという人もいますよね。

天然由来成分にこだわった泡のベビーソープ

赤ちゃんのデリケートな肌には、できるだけ刺激の少ない、天然由来の成分でできたベビーソープを使いたい!

そんな方には、次のようなベビーソープがおすすめです。

おすすめ1:アロベビー

アロベビーは、99%以上天然由来成分でできています。

また、オーガニック栽培の原料が使われているのも安心できるポイントです。

おすすめ2:ベビーボーン

ベビーボーンは、モデルの東原亜希さんとエステティシャンの高橋ミカさんが作った、赤ちゃんの肌にやさしい泡のベビーソープです。

天然にこだわった原材料を使い、石油系界面活性剤や鉱物油などの余計な添加物は排除しました。

アレルゲンカットを重視した泡のベビーソープ

赤ちゃんは、まだ何に対してアレルギーを引き起こすかわかりませんよね。

そのため、アレルゲンカットを重視した泡のベビーソープを選びたいという方もいると思います。

そんな方におすすめしたいのが、次のようなベビーソープです。

おすすめ1:ドルチボーレ

ドルチボーレには、アレルゲンカットを追及した厳選された成分が使用されています。

植物由来の成分でも、植物の種類によってはアレルギーを引き起こすこともあるので、ドルチボーレはあえてオーガニックや植物由来などにこだわらず、赤ちゃんのお肌に最適な成分を厳選しています。

泡切れもいいので、赤ちゃんに安心して使えますね。

おすすめ2:アラウベビー

どんな物質によってアレルギーを引き起こすかは、人それぞれ違います。

アラウベビー泡全身ソープは、合成界面活性剤や合成香料、着色料や保存料無添加で、できる限りアレルゲンカットに努めたベビーソープです。

もちろん、皮ふアレルギーテスト済みでもあります。

まとめ

この記事では、赤ちゃんを洗うなら固形石鹸がよいのか、泡タイプのベビーソープがよいのか、比較してみました。

固形石鹸には余計な添加物が少ないことや、泡切れの良さ、コスパの良さなど、良い面もたくさんあります。

しかし、赤ちゃんのバスタイムには使い勝手の良さも重要です。

なんといっても泡のベビーソープは使いやすいので、バスタイムにあたふたせずに済み、たっぷりの泡でやさしくしっかりと洗うことができます。

固形石鹸の方が、コスパが良く添加物の少ないものが多いのですが、泡のベビーソープにも、添加物が少なく成分にこだわったものがたくさんあります。

そのような泡のベビーソープを選ぶとしたら、固形石鹸よりも泡のベビーソープの方が、洗い残しなく優しく洗えるのでおすすめです。

ぜひ本記事を参考に、赤ちゃんを洗いやすくて、なおかつ肌にもやさしいベビーソープを選んでいただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました