乳児湿疹は保湿してれば治るの?病院に行くタイミングとは?

新型コロナウィルスで引きこもっている中、赤ちゃんを連れて病院に出かけていくなんて、どうしたってためらいますよね。

乳児湿疹はキレイに洗ってあげて保湿ケアすれば大丈夫とよく言われます。
しかし、そのとおりケアしていても、なかなか乳児湿疹が治らなくて不安になっている人が多いものです。

ホントにキレイに洗って保湿を続けていれば、いつかは治るものなのでしょうか?

どのタイミングで病院に連れて行ったらよいのでしょうか?

ここでは、乳児湿疹は病院へ行かなくても治るものなのか解説します。
また、行くとしたらどのタイミングで病院へ行ったらよいのかについてもご紹介しますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

洗って保湿すれば病院へ行かなくても乳児湿疹は治るってホント?

赤ちゃんには乳児湿疹ができやすいけれど、キレイに洗って保湿をしていればそのうち治ると言われがちです。
とはいえ毎日お世話している親からしてみれば、「日に日に酷くなっていくし、治る気がしないけど!?」という人も、少なくないのではないでしょうか。

確かに、乳児脂漏性湿疹と呼ばれる乳児湿疹は2か月くらいまでに自然と治ることが多いです。
しかし、同時に2か月の頃から赤ちゃんの肌はとても乾燥しやすくなってきます。

そのため、今度は乾燥による湿疹が出てきます。
乾燥性の湿疹はかゆみを伴い、掻き壊してしまうことも多いのが特徴的です。
保湿を十分できていないと、肌が乾燥してしまい、どんどん悪化していきます。

掻き壊してジクジクしているようなら、洗って保湿しているだけでは治りません
適切な薬の力が必要です。
病院で薬を処方してもらった後も、薬だけでは乳児湿疹はなかなか治りません。
薬で患部を治しつつ、しっかりとした保湿で肌を乾燥させないようにすることが大切です。

おすすめの保湿アイテム

病院へ行かなくても済むよう、乳児湿疹を悪化させないためには、十分な保湿が大切になってきます。

そこでおすすめしたいのは、赤ちゃんにも安心して使うことができる保湿アイテムです。

アロベビーのミルクローションやベビークリームなら、99パーセント以上天然由来成分でできているので、赤ちゃんのデリケートな肌にも安心して使えます。

ミルクローションは全身を手早く保湿できるので、毎日のお風呂上がりの保湿に最適です。
また、ベビークリームには天然のハマナエキスが配合されています。
炎症を抑えてくれる効果を期待でき、特に乾燥している箇所を丁寧に保湿してくれます。

乳児湿疹で病院へ行くタイミングっていつ?

新型コロナウィルスが大流行している状態では、赤ちゃんを連れて病院へ行きたくないと思いますし、そうでなくともインフルエンザが流行っている季節などには、できるだけ病院には行きたくないものですよね。

赤ちゃんに乳児湿疹らしきものが出てきた場合に、どれくらい様子をみていればよいのでしょう。
そしてどのタイミングで病院へ行ったらよいのでしょうか。

受診の目安とは?

まず、最初に赤ちゃんに出やすい乳児脂漏性湿疹の場合は痒がらないので、それこそよく洗って保湿するというケアで大丈夫です。
しかし、痒がるようなら乾燥が始まっています。

痒いと機嫌が悪くて泣くことが増えます。
何度も痒い所を触ったり叩いたり爪で引っかいたり、もぞもぞしたりすることもあるでしょう。
ただ、大人のようにわかりやすくポリポリ掻けるわけではないので、痒がっているかどうか最初はわかりにくいかもしれません。

赤ちゃんをよく観察してみてくださいね。

大人もそうですが、乾燥だけならしっかり保湿していればそのうち痒みはおさまります。
しかし、それでも痒そうにしていると、そのうち掻き壊してしまいます。

つまり受診の目安は、保湿をしても痒がっていて掻いてしまっているかどうかです。

受診して、湿疹を見せるだけでなく「痒がっている」ということを医師にはっきりと伝えて診察してもらってください。

すでに掻き壊したという場合は、ひどくなる前にすぐ受診した方がよいでしょう。

どこの病院行くのが正解?

ところで、乳児湿疹が出ている場合は小児科か皮膚科か、どちらに行ったらよいのでしょう?

回答としては、どちらでもOKです。

ただ、1か月検診や3か月検診、予防接種などで小児科へ行く機会が多くありますよね。
気軽に相談できるかかりつけの小児科があるなら、最初は慣れた小児科のほうが診てもらいやすいかもしれません。

そうはいっても皮膚科にはやはり、皮膚の専門家だというメリットがあります。

いずれにせよ、赤ちゃんの状況を細かく伝えられ相談しやすい医師に診てもらうのがいちばんです。

乳児湿疹は病院へ行かず市販の薬でも大丈夫?

病院へ行きたくないなぁと思っていると、薬局の薬でどうにかならないかと思いますよね。

赤ちゃんの乳児湿疹には薬局の薬を使っても良いのでしょうか。

薬局でも塗り薬は売っていて、非ステロイド系の軟膏は1か月頃から使えます。

ただ、きちんと診断を受けずに市販薬を使ったことでひどく悪化するケースもあるので、薬を必要とする症状であれば、病院で診てもらった方が安心です。

市販の軟膏を使うとしても、数日使って改善しないようなら、早めに小児科か皮膚科を受診することをおすすめします。

まとめ

ここでは、乳児湿疹は病院へ行かなくても治るものなのか解説しました。
行くとしたらどのタイミングで病院へ行ったらよいのかなどについてもご紹介しています。

今は、新型コロナウィルスの影響で、なかなか病院へ行きづらいのが現状です。
しかし本当は、乳児湿疹が気になったタイミングで、信頼できる医師に気軽に相談できるのがいちばんいいです。

だって、かわいい我が子が湿疹に侵食されるとホントに悲しい気持ちになり、不安でいっぱいになってしまうのですから。

なかなか気軽に病院へ連れて行けずに、不安になっている人もいるでしょう。
しかし、しっかり保湿して様子を見ていても痒がって掻き壊してしまうようなら、やはり早めの受診をおすすめします。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、皮膚疾患についてもオンライン診療できる病院もあるので、心配な場合は問い合わせてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました