アロベビーのベビークリームはおむつかぶれ予防だけじゃない

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。

ちょっとした刺激や乾燥が原因で肌荒れを起こしたり、ずっとおむつをしていることにより、お尻がかぶれてしまうこともあります。

そのため、肌を保湿・保護して、しっかり赤ちゃんの肌を守ってあげたいものです。

そこでおすすめしたいのが、赤ちゃんの肌にも安心して使える、アロベビーのベビークリームです。

スポンサーリンク

赤ちゃんにも安心して使えるアロベビーのベビークリーム

アロベビーは、純国産であり、世界的オーガニック基準であるエコサート認証を取得した、安心・安全な商品を提供しています。

天然由来成分で安心のアロベビー

アロベビーは99%以上天然由来の成分でできていて、ハマナエキスやセイヨウニワトコエキスといった天然由来成分が肌のバリア機能を高めてくれます。

オーガニックシアバターもたっぷりと配合されていますので、伸びもよくて赤ちゃんの肌に優しく塗ることができます。

そのため、赤ちゃんのお尻にも安心して使うことができるのです。

アロベビーなら無添加

さらに、アロベビーのベビークリームにはシリコンやパラベンといったものを使用していません。

余計なものが入っていないので、赤ちゃんの肌への刺激を避けることができ、安心して使えますね。

アロベビーのベビークリームはおむつかぶれ予防に最適!

アロベビーのベビークリームは、デリケートなおしりを保護し、おむつかぶれを予防してくれます。

赤ちゃんはずっとおむつを付けていますので、どうしても蒸れてしまいますよね。
おしっこやうんちによる刺激も、赤ちゃんのデリケートな肌には大敵です。

そのような環境下で無防備な状態では、おむつかぶれになってしまうのもわかります。
しっかり保護してあげたいですね。

顔に塗っても大丈夫?

アロベビーのベビークリームは、お尻のケアにもってこいのクリームですが、顔や腕や足など他の部位にも使えます。

お風呂上りのスキンケアなど、顔や体の広範囲にわたる保湿ケアには、伸びがよく塗りやすいミルクローションがおすすめですが、特に乾燥している箇所にはベビークリームを重ね塗りすると、さらに保湿効果がアップします。

乳児湿疹は治る?

アロベビーのベビークリームは薬ではありません。

薬を処方してもらうほどではない乾燥による軽い湿疹程度なら、アロベビーのベビークリームでしっかり保湿することで良くなることもありますが、ベビークリームを塗っていれば乳児湿疹が治るというものではないのでご注意ください。

使用上の注意を見てみても、「肌に傷・はれもの・湿疹等異常があるときはご使用をおやめください。 」と記載されています。

乳児湿疹が悪化してきているときは、まずは医師に相談して薬を出してもらうのが先決です。

処方された薬を医師の指示に従って正しく塗るのはもちろん、受診した際に手持ちのクリームで保湿をしてもよいか確認しましょう。

乳児湿疹が出ているときには、たいていの場合肌が乾燥しているので、薬と一緒に保湿剤が処方されることが多いですね。

手持ちのクリームで保湿すればよいと言われる場合もありますし、患部がよくなってきてから手持ちのクリームでと言われる場合もあります。

いずれにしても、乳児湿疹が悪化してきているときは医師の指示に従って薬を塗りながら、しっかり保湿をすることがまずは大切です。

アロベビーのベビークリームはどんな使い心地?

アロベビーのベビークリームは、使い心地にもこだわって作られています。

無香料なので、お尻に使用しても臭いが気になりません。

また、クリームなのに伸びもよく、赤ちゃんの肌に優しく塗ることができます。

実際に使った方の口コミをチェック

実際に使ってみた方の口コミを、Amazonや楽天市場などのレビューでチェックしてみたところ、次のような内容の口コミが多く見られました。

「ベタつかず、しっかり保湿もされる」

「頑固な乾燥にはミルクローションよりクリームの方が効果的」

「顔の肌荒れに使ったらワセリンよりも良かった」

「伸びが良く、しっとりもちもち肌になった」

「伸びはよいがミルクローションと比べるとベタっとした使い心地」

「軽いおむつかぶれやよだれかぶれならこのクリームで良くなる」

まとめ

ここでは、アロベビーのベビークリームについてご紹介しました。

アロベビーのベビークリームは、99パーセント以上天然由来の成分で作られていますので、赤ちゃんの肌にも安心して使えます。

おむつかぶれの予防に最適なベビークリームですが、顔や腕や足、体などどこにでも使うことができるので、特に乾燥している箇所にはぜひ塗ってあげてほしいものです。

赤ちゃんのデリケートな肌を、保湿でしっかり守ってあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました