離乳食を食べないのはなぜ?【赤ちゃんQ&A】

離乳食を始めたものの、赤ちゃんが全然食べてくれないというのは、よく耳にします。
うちの場合もそうで、長男のときは、離乳食がなかなか進まなくてどうしていいかわかりませんでした。
いったい、赤ちゃんはなぜ離乳食を食べないのでしょう?
今回は、赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜなのか、私自身の体験から分かったことをご紹介したいと思います。

離乳食はいつから?

我が家の長男が離乳食をスタートさせたのは、生後6ヶ月を迎える直前でした。
4ヶ月のときにすでに歯が生え始めたということもあり、ちょっと早いかなぁ、と思いつつも、ゆっくりとしたペースで進めていこうと、思い切って始めてみたのです。

最初は、麦茶や果汁をスプーンであげるところから始めて、徐々におもゆに移行していくようにしました。そして、麦茶や果汁は少しずつ口にするようになりました。
最初は嫌がるかもしれませんが、液体なので、麦茶や果汁は無理せず少しずつあげれば慣れていきます。

しかしその後はというと、うちの長男はなかなか離乳食を食べない日々が続きました。

離乳食を食べない理由とは?

赤ちゃんはどうして離乳食を食べないのでしょう?

私が長男の離乳食のスタートから完了までの経験を通してわかったのは、赤ちゃんが離乳食を食べないのは、「赤ちゃんにとっては、離乳食を食べる必要がないから」だということです。

なぜ必要ないのかというと、赤ちゃんは母乳やミルクを飲んで満足しているからです。

例えば、赤ちゃんのお腹がすいた頃を見計らって離乳食をあげようとしても、赤ちゃんにしてみれば、
「そんな変なものより、早く母乳やミルクをちょうだーい!」
と言いたいですよね。

そのため、赤ちゃんにとっては得体のしれない離乳食なんて、ベーッと出してしまうわけです。

それを証拠に、長男は母乳をやめたとたんにモリモリ食べるようになりました。

母乳をやめた方がいいの?

それなら、離乳食を食べない場合はさっさと母乳をやめた方がよかったのかというと、そういうことでもありません。

母乳は大切な栄養源であるだけでなく、赤ちゃんの心のよりどころでもあり、心をはぐくんでくれます。

おっぱいにくっついてチュッチュッと吸っていると安心し、赤ちゃんはそれだけで幸せなのです。

離乳食をあまり食べない子の完了期までの道のり

それでは、離乳食をあまり食べない長男と食べさせたい私が、離乳食完了期まで、どのような食事タイムを過ごしていたのかご紹介したいと思います。

離乳食初期(5カ月から6カ月)

長男はほとんど離乳食を食べてくれず、一口か二口食べておしまいでした。

でも、初期の離乳食って、作るのがとても面倒ですよね。

おかゆさえも潰さなければいけないし、芋やら人参・かぼちゃなんかももちろんすり潰して、とろとろにしなければいけない・・・これが本当に手間なのです。

そのため、せっかく作ったものを食べてくれないと、本当にイライラしてしまいました。

そんなわけで、最初は頑張って作っていた離乳食ですが、途中から市販のベビーフードに切り替えることにしました。なにも、イライラしてまで手作りする必要などないのですから。

ちなみに次男のときは、迷わず最初から市販のベビーフードを利用しました。

離乳食中期(7カ月から8カ月)

中期になっても、長男は、相変わらずなかなか離乳食を食べないままだったので、どう進めていいのか悩みました。

育児本などを見ると、離乳食の量が目安として書かれていて、それを概ねクリアしたら次の段階へ進むのが一般的です。
しかし、長男が食べる量は目安よりもずっと少ないままだったのです。

そこで、食べる量は少ないけれど、ある程度慣れたら少しずつ進めていくことにしました。

量は少ないけれど、食べる練習をしている段階だと考えることにしたのです。

<例>
12:00 おかゆ+かぼちゃフレーク(5g)
18:00 白身魚のドリア(BF)+豆腐(10g)

この頃は、おかゆとだし汁はまとめて作って冷凍し、それ以外の離乳食は市販のベビーフードを利用するようにして、とにかく楽しく食事をすることを心がけていました。

離乳食後期(9カ月から11カ月)

後期になっても、相変わらず長男は離乳食をほとんど食べない状況が続きました。

ただ、量は少ないながら練習はできているので、3回食にしておかゆも徐々に固くしていきました。少ししか食べないものの、確実に食べ物には慣れてきたようで、好みも出てきて、フルーツやトマトが好きでしたね。

<例>
7:30  鮭がゆ(のりのせ)
12:30 チキンライス(BF)+おかゆ混ぜ
19:00 ゴールドキウイ、すりごまのおかゆ

育児本に書いてある量を見ると、長男が食べている量は極端に少なかったのですが、なんといっても母乳をモリモリ飲んでいたので、身長も体重も十分すぎるほど増えていました。

私自身も、離乳食は食事の練習と考え、ボチボチやればいいやと思うようになり、量はともかく、食べれるものの種類だけは増えてきたので、ヨシとしました。

離乳食完了期(1歳~)

長男にスプーンで離乳食をあげようとしても、プイッと顔を背け、ますます食べてくれなくなったのが、完了期のころです。

そのかわりといっちゃなんですが、自分で手づかみで食べられるようになりました。しかも、自分で選んで食べたいので、プレートにごはんと野菜類を一緒に並べたとすると、人参やトマトなど野菜にばかり手を伸ばし、ご飯はまるっきり食べないということがしばしば。

完了期の食事のメニューはというと、大人のおかずの取り分けばかりになり、市販のベビーフードもめったに使わなくなりました。

<例>
7:00 ひじきとごまのおにぎり(2~3口)、スライスしたバナナ3切れ
12:00 チーズトースト1/2枚
19:00 すりごまをかけたごはん(子供茶碗1/2杯)、生協の野菜入り豆腐ステーキ1/4、野菜入りワンタンスープ(子供茶碗1/2杯)

 

そして、長男は1歳を過ぎて、母乳をやめた途端にすごい勢いで食べるようになりました

ついに練習の成果が出たというものです!

手づかみの離乳食は食べ散らかし方がスゴイ

余談ですが、この手づかみでの食事の最中&後は、特に潔癖症じゃなくても「ひぇーーーーー!?」と叫びたくなるくらいの大惨事!
口のまわりや手はベタベタで、口のまわりが真っ赤になりました。

最初は離乳食をほとんど食べなかった赤ちゃんも、9ヶ月の頃になると、手づかみや遊び食べもはじまり、気に入らなければベーっと出し、赤ちゃんの顔はベタベタ・・・。お顔が真っ赤に荒れていませんか?離乳食期の赤ちゃんのスキンケアについて見ていきましょう!

床にはいろいろな食べ物が散らばり、部屋中ご飯粒だらけです・・・。

私は、汚されることに関してはすっかりあきらめましたね。

食事の最中に、汚さないでー!?と気にしているとお互い疲れるので、思う存分散らかしながら食べた後に、大惨事になった部屋を一気に掃除する方がまだマシだったのです。

まとめ

私は、長男のときの経験から、赤ちゃんが離乳食を食べないのは、必要がないからだということがわかりました。
母乳が大好きで、母乳で栄養を取っているから、変なもの食べさせないでくれとでも言いたいかのようです。
それを証拠に、いざ母乳をやめたら食べる食べる

そのため、次男のときは離乳食を食べてくれなくても焦ることなく、食べる練習だと思って、食べる量に関わらず少しずつ進めていき、ストレスなく離乳食期を過ごすことができました。

どうして赤ちゃんは離乳食を食べないのかと悩むお母さんも多いと思いますが、離乳食期は食事の練習期間ですので、焦らなくても大丈夫です!

市販のベビーフードも上手に利用して、少しずつ進めればOK!もちろん母乳だってやめなくていいのです。

赤ちゃんと、楽しいお食事タイムを過ごせるといいですね。

スポンサーリンク
レクタリング広告大
レクタリング広告大

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告大