子育てがつらいと感じた5つの理由&そんな私を救ってくれたもの

私の場合、子育てがつらいという日々が、長男出産直後から始まりました。

隣で出産していた妊婦さんは、分娩室に入ったと思ったら、うんともすんとも言わず、あっという間に赤ちゃんを生んでしまいましたが、私は何時間もかかったうえ絶叫の出産・・・。

出産後も、隣で出産していた妊婦さんは、シャーシャー余るほど母乳が出ていたのに、私の母乳はさっぱり出ません・・・。

このような状況で、私の子育ては、とてつもない劣等感から始まったのです。

今回は、このように最初からネガティブな幕開けだった私の、子育てがつらいと感じた5つの理由と、そんな私を救ってくれたものは何なのか、ご紹介したいと思います。

子育てがつらい5つの理由


前述のとおり、最初から子育てがつらかった私ですが、子育てがつらいと感じる理由は山ほどありました。

授乳や夜泣きで夜中に何度も起こされて、睡眠不足になってしまうという体の辛さはもちろんですが、精神的な辛さの方が多かったように思います。

子育てがつらいと感じていた精神的な理由として、主に次の5つが挙げられます。

  1. 子育てがうまくいかない劣等感
  2. 親になった重圧による途方もない不安
  3. 何もかも途中でさえぎられるイライラ
  4. 子供が泣くと自分も泣きたい気持ちになる
  5. 子育てがつらいと思うこと自体がつらい

もちろん、1日中つらいわけではなく、子供の寝顔を見ていると癒され、笑顔見せるようになると、かわいさも倍増!

1日1日成長していく我が子の姿が本当に愛おしいと感じていたのも事実です。

それなのに、それでもやっぱり子育てがつらかったのです。

1.子育てがうまくいかない劣等感

長男は、初めての出産で大変だったうえ、産後は母乳がなかなか出なくてろくに眠ることもできず、おむつかぶれは治らないし、乳児湿疹は悪化する一方だし、進まない離乳食にひどい便秘・・・。

とにかく何もかもがうまくいかず、子育てに対して劣等感しかありませんでした。

ちなみに、乳児湿疹の悪化については、こちら(↓)の記事で紹介しています。

乳児湿疹は多くの赤ちゃんに現れます。乳児湿疹のことを知ってしっかりスキンケアし、気にし過ぎないようにしましょう。というわけで、乳児湿疹とはどういうものなのか、どんな治療経過をたどるのか、症状別のケア方法などをご紹介したいと思います。

2.親になった重圧による途方もない不安

これは、初めての子だからなおさらだったと思いますが、なんとも言いようのない不安でいっぱいでした。

何をしてもうまくいかないのに、この子を育てていかなくてはいけないという重圧。

ペットを飼ったこともなく、植物はすぐに枯れさせてしまうしまう私に、果たして子供なんて育てられるのか・・・、死なせてしまったらどうしよう・・・と、とにかく不安な気持ちでいっぱいでした。

3.何もかも途中でさえぎられるイライラ

寝ていても、考え事をしていても、ごはんを作っていても、掃除をしていても、テレビを見ていても、いつも途中で子供が泣きだし、さえぎられてしまいます。

毎回、何かを最後までやり遂げる前にさえぎられるということが繰り返されると、ストレスだけが残っていきました。

4.子供が泣くと自分も泣きたい気持ちになる

子供が泣くと、胸がしめつけられるようなつらい思いがこみ上げてきました。ザワつく感じというか、モヤモヤした嫌な感じというか・・・、ちょっと表現が難しいのですが、そんな状態になり、子供が泣くたびに自分が泣きたい気持ちになってしまうのです。

5.子育てがつらいと思うことがつらい

そして、子供がかわいくてかわいくてたまらないのに、こんなにも子育てがつらいと思ってしまう自分の姿にも絶望していました。

子育てをつらいと思ってしまうことによって、自分は母親失格だという気持ちになり、またつらくなってしまうのです。

仕事により子育てのつらい時期から脱出


そんな私を救ってくれたのは、仕事でした。

私は、長男が1歳2か月の時に仕事復帰しました。

仕事のため長男は保育園に入園したのですが、とにかく長男は、慣らし保育の段階から最初の1か月間、ここまで泣く子はなかなかいないと先生に言われるほど、泣きに泣きに泣きまくって、ようやく少しずつ保育園に慣れていきました。

かたや私はというと、混み合った片道40分間の通勤電車さえも至福の時間でした。誰にも邪魔されずに自分のためだけに考え事をしたり、本を読んだり、音楽を聴いたりできる40分間がとにかく幸せだったのです。
会社に行けば、比較的静かなオフィスでコーヒーを飲み、一息つきながら仕事をスタートさせることができます。

忙しくても仕事が子育ての原動力に

とはいえ実際には、いざ仕事をし始めたら、残業できない分とても忙しかったですし、帰ってから子供の世話に追われながら家事をこなすのは大変で、目の回る忙しさでした。

それでも、1日中子供と1対1で過ごして劣等感と不安でいっぱいだった日々よりも、自信をもって生きることができ、子育てもずっと楽しくなりました。

ついに子育てがつらい時期から脱出することができたのです。

なんだか、こんなふうに綴ると、よっぽど子供が嫌いなのかと思われてしまいそうですが、そんなことはありません。

おそらく、同じように子供のことは大好きで、とてつもなくかわいいのに、子育てがつらいと悩むお母さんは、少なくないのではないでしょうか。

本『ダダこね育ちのすすめ』に救われた!


初めての子育ては、うまくいかないことばかりでしたが、それでも子供はとてもかわいくて、私も日々、いっしょうけんめい子育てをしていたつもりです。

仕事復帰して、ずいぶん子育てのつらさは軽減されましたが、やはり子供が泣くと胸がしめつけられるような感覚に襲われ、自分も泣きたくなるのは相変わらずでした。

私を救ってくれた本との出会い

それが、仕事復帰してしばらく経った頃に、このダダこね育ちのすすめ [ 阿部秀雄 ]という本に出会って、一変しました。

この本は、イヤイヤ期に入る子供への対応について、とても参考になる1冊なのですが、この本を読んだことで、どうして子供が泣くたびに自分も泣きたい気持ちになってしまうのかがわかりました。

本がつらい子育ての救世主に

この本を読み進めるうちに涙が出てきて、すべて読み切ったら、胸につかえていた何かがスーッと抜け落ち、ビックリするほど楽になりました。

この本によると、どうやら私は、自分自身が子供の頃に無理やり我慢して心の奥にしまいこんだ泣きたい気持ちが、子育てによってどっと出てきてしまっていたようなのです。

この本を読んだ人が、何をどう感じるかは人それぞれですが、少なくとも私にとっては、救世主になった1冊でした。

まとめ

ここでは、私自身が子育てをつらいと感じた5つの理由と、そんな私を救ってくれたものについてご紹介しました。

子育ては楽しくて楽しくて、つらいなんて考えられないという人もいると思います。

でも、本当につらくてつらくて限界なのに、こんなにかわいい我が子を前に子育てがつらいなんて誰にも相談できず、一人で悩んでいる人も実はたくさんいるのではないでしょうか。

私は、長男出産後はあんなに子育てがつらかったのに、次男の出産後は、つらいと感じたことがあまりありませんでした。

それは、長男の子育てでつらかったときに救われたことや、経験により自信を持てたことによるものだと思います。

子育てがつらいときに、何か救われるきっかけが一つでもあったらいいですね。

スポンサーリンク
レクタリング広告大
レクタリング広告大

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告大