【産休育休ライフ】実録!UQモバイルからマイネオに乗り換えて節約

産休育休中は、収入が減ってしまうのに、新しい家族を迎えるにあたって出費は増える一方です。しっかり節約して家計をやりくりしましょう!

そこでおすすめしたいのが、格安スマホに乗り換えて通信費を簡単に節約する方法です。

実際に我が家では、ソフトバンクモバイルを利用していた夫がmineo(マイネオ)に乗り換え、2年前に格安スマホのUQモバイルに乗り換えていた私も、今回いっしょにmineo(マイネオ)に乗り換えることにしました!

というわけで、ここではUQモバイルからmineo(マイネオ)への乗り換えに注目し、今回の私の乗り換え体験をご紹介したいと思います。

通信費を見直して簡単に家計をやりくり

産休育休中は収入が減ることがわかっていますので、家計のやりくりは必須となります。

上手に確実にやりくりするのであれば、固定費の見直しをするのが近道です!

特に通信費については、格安スマホへ乗り換えることでグッと節約することができます。

産休育休中にやっておきたいことのひとつに、家計の見直しがあります。そこでまず検討したいのが、固定費です。なかでも、通信費については格安スマホに変えることで大幅に削減できる可能性がありますので、ぜひ検討してみましょう!

同じ格安スマホなのにUQからマイネオへ乗り換えた理由

私は、夫より一足先に格安スマホのUQモバイルに乗り換えていて、ちょうど1月で2年が過ぎ更新月になりました。そこで、今回夫と一緒にmineo(マイネオ)に乗り換えることしたのです。

では、なぜUQモバイルからmineo(マイネオ)に乗り換えたのでしょうか?

料金がさらに安くなる!


 まず一番の理由はUQモバイルよりもmineo(マイネオ)の方が、料金が安くなるからです。

もともと私が利用していたUQモバイルのぴったりプランS(3GB)は、2年目になると2,980円(税抜)かかります。

それを、mineo Aプラン デュアルタイプ 3GBに変更すると、月々1,510円(税抜)で済むのです!

マイネオには契約期間の縛りがない!

mineo(マイネオ)には、最低利用期間の定めがないというのも魅力です。

万が一やっぱり解約したいと思ったときにも安心ですよね。

ただし、利用開始月の翌月から12カ月以内にナンバーポータビリティー(MNP)によって転出する場合に限っては、MNP転出手数料およびMNP転出時契約解除料として合計12,420円がかかります。

電話番号を変えたくない場合は、約1年は契約を解除するのにお金がかかってしまいますが、それ以降はいつでも解約できます。

実録!UQモバイルからマイネオへの乗り換え

では、実際に私がUQモバイルから、mineo(マイネオ)に乗り換えた方法について、具体的に手順をご紹介します。

1.UQモバイルからMNP予約番号を発行してもらう



私は、電話番号を変えることなく、ナンバーポータビリティー(MNP)を利用して乗り換えました。

MNP乗り換えをする場合は、まずはUQモバイルから予約番号を発行してもらわなければいけません。

UQモバイルへ電話をかけてMNP予約番号を取得

MNP予約番号の取得は、電話で行うことができます。

電話でMNP予約番号を取得できるのは、夜21時までです。

21時ギリギリに電話をしたら、電話はつながったものの、MNP予約番号の受付は終了してしまったから翌日かけてほしいと言われました。

時間には余裕をもって電話をした方が良さそうです。

電話では本人確認が行われた後、乗り換えの理由や乗り換え先などを聞かれました。

UQモバイルの特典を案内され、やや引き留め感がありましたが、それでも乗り換えたい旨を伝えると手続きを進めてくれました。

電話での手続きが済むと、メールで予約番号が送られてきます。

解約月はUQの割引が外されてしまう!?

乗り換えの際の注意事項として、UQモバイルの料金に関する説明がありましたが、これには「えー!?何それ~!」と叫びそうになってしまいました。

どういうことかというと、解約月については割引という割引がすべて摘要されないのです!

つまり、私の場合はぴったりプランSなので、3,980円が割引なしでかかることになってしまいます。

結果的には1月11日に回線切替したため日割りになり、まるまる3,980円を支払うわけではないものの、なんだか少し損した気分です。

MNP予約番号の有効期限に注意!

マイネオに乗り換えるためには、MNP予約番号の有効期限まで10日以上の余裕が必要です。

申し込み画面にも、有効期限を入力するところがあるのですが、10日後の日付からしか入れられないようになっています。更新月ギリギリの方は注意してくださいね。

2.マイネオに申し込み

MNP予約番号を取得できたら、さっそくmineo(マイネオ)に申し込みをします。

(1)事前準備

申し込み手続きをする前に、以下の4点を準備します。

  • クレジットカード
  • メールアドレス&電話番号
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • MNP予約番号

(2)申し込み

mineo(マイネオ)には、WEBまたは店舗で申し込みをするのですが、私はmineo(マイネオ)の公式ホームページから申し込みをしました。

申込完了までは、7ステップあり、1つずつ回答して進みます。

 ※画像はマイネオ公式サイトより引用

回答していくと、SIMカードの種類を選ぶ項目があります。

え?どれを選んだらいいの???思いますが、真ん中にある緑のボタン「動作確認済み端末検索」から自分が使う端末を検索すると、選ぶべきSIMカードがどれかわかるようになっていますので、安心してください。

一瞬立ち止まってしまうのはこの項目くらいでした。

3.SIMカード到着

1月7日に申し込みを済ませると、1月10日に転送不要のゆうパックでSIMカードが届きました。

中には、ご利用ガイドとオプションサービス無料の案内と、SIMカードが入っていました。

そして、1月11日には別途普通郵便で「mineo契約内容通知書」と「mineo通信サービスの提供条件について」が届きました。

4.マイページから回線切替

SIMカードは思ったより早く届き、さっそく1月11日にUQモバイルからmineo(マイネオ)に回線を切替る手続きをしました。

私はこれまで使っていたAndroid端末をそのまま使うため、手続きはとても簡単に済ませられました。

まず、マイページにログインした後、製造番号の下4桁を入力すればOKです。

UQモバイルからの切替にかかる時間は30分で、30分後に111に電話をかけると切替が済んだかどうか確認することができます。

当日中に切り替えたい場合は、Aプランの場合は21:00までに手続きを済ませる必要があり、21時以降に手続きをした場合は、切替完了するのが翌日になることがあります。

自身で切り替えを行わない場合も、有効期限の前日には自動的に切り替わるようになっています。

5.ネットワークの設定

私が使っているAndroid端末はZenfone3なのですが、モバイルネットワークの設定からmineoAプランを選択するだけでOKだったので、ネットワークの設定はガイドラインに載っている手順よりもずっと簡単でした。

iPhoneのネットワーク設定

ちなみに、ネットワークの設定についてはiPhoneの方がひと手間必要になります。

iPhoneの場合はプロファイルをインストールしなければいけないのですが、もともと使っていた端末を使用する場合に、これまでのプロファイルを削除しなくてはいけないのです。

UQモバイルからmineo(マイネオ)に乗り換える場合には、まずUQモバイルのAPN構成プロファイルを削除します。

「設定」から「一般」に進み、「プロファイル」を開けるとUQモバイルのAPN構成プロファイルがありますので、選択して削除してください。

そのうえで、mineo(マイネオ)のプロファイルをインストールします。

実際にUQモバイルからマイネオに乗り換えてみて

mineo(マイネオ)の申し込み画面はとてもわかりやすく、サクサク申し込み手続きを進めることができました。

また、SIMカードと一緒に届いたご利用ガイドもとてもわかりやすく、回線切替についても思ったよりずっと簡単でした。

乗り換えた後の通信状況はというと、特に以前と変わりなく、快適に使えています。

乗り換え後の料金について

UQモバイルは、1年目についてはイチキュッパ割とスマトク割により2,000円割り引かれるため、ぴったりSプランも1,980円(税抜)と安いのですが、2年目になるとイチキュッパ割がなくなり2,980円に値上がりしてしまいます。

結局解約月にはすべての割引がなくなり、ぴったりSプランは3,980円!?

格安スマホなのに、あまり安くないなぁという印象ですよね。

ただ、UQモバイルのぴったりプランの場合は60分の通話し放題が付いていますので、そこそこ通話を利用する人ですと、特に1年目の料金は魅力的かもしれませんね。



私の場合はほとんど通話を使わないので、60分も通話し放題が付いていなくても大丈夫です。

今回、mineo Aプラン デュアルタイプ 3GBに乗り換えたことで、月1,510円(税抜)で済み、例えばmineo電話で月に20分通話をしたと仮定して、通話料は月400円なので、料金は全部で1,910円となり、今までよりも安く利用できます。

同じ格安スマホでも、私のライフスタイルなら、mineo(マイネオ)の方がお得でした!

申込も切替も簡単だったので、mineo(マイネオ)に乗り換えて良かったなと思います。

↓↓↓公式サイト↓↓

まとめ

というわけで、実際に私が行った、UQモバイルからmineo(マイネオ)への乗り換え体験についてご紹介しました。

今回、同じ格安スマホでも、改めて自身のライフスタイルに合ったものを厳選して乗り換えれば、さらに通信費を節約できることがわかりました。

産休育休中の家計のやりくりのために、あらためて通信費の見直しを検討してみませんか?

スポンサーリンク
レクタリング広告大
レクタリング広告大

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告大