新生児のうちからお肌の保湿が大切ってホント?

赤ちゃんのお肌は薄くてとてもデリケート。そのため、保湿が大切だということは昨今ではよく知られるようになりました。

しかし、赤ちゃんといってもいつから保湿をしたら良いのでしょう?生まれたばかりの新生児にも保湿は必要なのでしょうか?

ここでは、新生児のお肌の保湿について解説していきたいと思います。

赤ちゃんの保湿が大切なのはわかるけど新生児も必要?

赤ちゃんの皮膚が乾燥しやすく、保湿が大切だということはご存知の方も多いですよね。
しかしそれは、生まれたばかりの新生児の頃から必要なものなのでしょうか?

実は、新生児の頃からの保湿によってアトピーを防ぐことができるということが、国立成育医療研究センターによって発表されています。

成育出生コホート研究におけるランダム化臨床研究介入試験で、新生児期からの保湿剤塗布によりアトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下することが分かりました。

【出典:国立成育医療研究センター】

そのため、いつから保湿を始めたらよいかと聞かれれば、新生児の頃から保湿は始めた方が良いということになります。

新生児におすすめの保湿剤

保湿剤にはさまざまな種類がありますが、新生児の保湿にはどのような保湿剤が向いているのでしょうか?

ベビー用のローションやクリーム、ワセリン、バームにオイルと、さまざまな保湿剤が市販されていますので、どれを使ったらよいのか悩みますよね。

これらは場面によって使い分ければよいのですが、新生児の沐浴後の保湿に最も使いやすいのはミルクローションです。

カサカサがとても気になるというところにはクリームやバームを、乳児脂漏性湿疹にはオイルを使ったりもします。

しかし、新生児の保湿の基本としては、ミルクローションがメインアイテムになるでしょう。

保湿剤を使う目的

保湿剤を使う主な目的は、2つあります。

  • 皮膚に水分を与える
  • 皮膚から水分が逃げるのを防ぐ

保湿剤の選び方

そうはいっても、ミルクローションだけでもさまざまな商品があり、さらにクリームなども使うとなると、いったいどのような保湿剤を選んだらよいのか悩んでしまいますよね。

保湿剤を選ぶポイントは次の3つです。

  • 余計な添加物が入っていない
  • しっかり保湿できる
  • 塗りやすい

保湿剤には赤ちゃんの肌にとって必要な成分だけ入っていればいいので、合成着色料や合成香料などの添加物は不要ですよね。

できるだけ安全な成分だけで作られた保湿剤を選びましょう。

そして、しっかり保湿できるということが大切です。クリームやバームなどは保湿力が高いのですが、チューブタイプでかためのテクスチャーのものが多く、ちょっと塗りにくいですよね。

まずは塗りやすいミルクローションで水分をたっぷり補いながら保湿し、特に乾燥する箇所にはクリームやバームなどを後からゆっくり重ね塗りするとよいでしょう。

おすすめのミルクローション

それでは、保湿剤を使う目的や保湿剤を選ぶポイントを踏まえ、おすすめのミルクローションをご紹介しますね。

アロベビーミルクローション

【Amazon&楽天 No.1】アロベビー 国産オーガニックベビーローションは、新生児の頃から安全に使うことができるミルクローションです。

ポンプタイプですのでママにとってもとても使いやすく、伸びが良いので塗りやすいという特徴があります。

オーガニック成分にこだわり、合成着色料などの余計な添加物は排除してあります。

愛用している芸能人ママも多いことで知られているミルクローションです。

ドルチボーレミルクローション


ドルチボーレ ミルキーベビーローションは、ベースとなる水にこだわり、非加熱天然水の天使の希水を使用し、注目のミネラルであるケイ素(シリカ)を配合しています。
セラミドやヒアルロン酸によりお肌に潤いをもたらし、馬油やシアバターで潤いを逃さないようしっかりと保湿します。
合成香料・着色料・鉱物油・アルコール/エタノール・パラベン・旧表示指定成分・フェノキシエタノール・シリコーンの8つの成分は無添加となっていますので安心して使うことができます。

雑誌掲載&芸能人ママ愛用のおすすめベビーローションはこれ!
季節が秋へと向かい、ますますお肌が乾燥してきますが、赤ちゃんの保湿は万全ですか?保湿といっても、ベビーローションやベビークリームなどがあり、いったいどれを使ったらいいのか悩みますよね。そこで、まずはローションやクリームといった保湿...

新生児のための保湿のしかた

まだ生まれたばかりの赤ちゃんには、どのようなタイミングでどのように保湿をするとよいのでしょう?

保湿のタイミング

やはり、保湿のタイミングとして最も重要なのは沐浴後ですね。

沐浴後は、水分が飛んでしまう前にとにかくすぐに保湿をした方がいいので、沐浴後5分以内に保湿できるようにしましょう。

他には、朝にも1回保湿をしておくといいですね。

また、新生児のうちは、たいてい家の中で過ごしているので、部屋が乾燥しないように注意してください。

赤ちゃんの肌を乾燥した空気から守る!部屋を正しく加湿する方法
秋になり、季節が冬へと移行するにつれ、空気はどんどん乾燥していきますね。あれよあれよという間に、モチモチだった赤ちゃんの肌がカサカサになってしまい、ビックリすることもあります。 冬になると、真っ赤なほっぺをした赤ちゃん...

また、授乳のタイミングやおむつ替えのタイミングなどに肌が乾燥していないか確認し、必要に応じてこまめに保湿をすることをおすすめします。

おむつ替えの際には、皮膚にとどまり保護してくれるベビーワセリンやベビーバームを塗っておくと、排泄物の刺激から肌を守ることができ、おむつかぶれを予防できますよ。

保湿剤の塗り方

新生児の沐浴後は、おへそのケアをしたり耳や鼻のケアをしたり授乳をしたりと、やること満載でバタバタですよね。

そのため、沐浴後の保湿には、手早く塗れる伸びの良いミルクローションを使うのがおすすめです。

顔に塗るときは、円を描くようにやさしく塗っていき、耳下や耳裏も忘れずに!

ボディは両手のひらで横方向に塗っていきます。わきの下や肘裏やひざ裏もくまなく保湿しましょう。

まとめ

今回は、新生児のうちからお肌の保湿が大切な理由や、保湿剤の選び方、保湿のやり方などについて詳しく解説しました。

アトピーを予防するためにも、ぜひ保湿は早い段階から始めて下さい。

我が家の長男が赤ちゃんの時にこのことを知っていたら、あんなに乳児湿疹に悩まされることはなかったのにと思わずにはいられません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました