赤ちゃんのアトピーが悪化しやすい冬のスキンケア!

赤ちゃんのアトピーって、そもそも何なのでしょうか?乳児湿疹とは違うのでしょうか?
ここではまず、赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹について解説したうえで、赤ちゃんのアトピーが冬になると悪化しやすい理由や、冬のスキンケアのポイントについてご紹介したいと思います。

赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹の症状は違うの?

赤ちゃんの薄くてデリケートなお肌は乾燥しやすく、乾燥してもろくなった皮膚は外からの刺激を受けやすくなり、湿疹が出てしまいます。

乾燥した肌と湿疹にはかゆみを伴い、これが乾燥性の乳児湿疹です。それでも、乳児湿疹は数カ月程度で治るのが一般的です。

しかし、かゆくなって掻いてしまい、掻き壊しては悪化するということを繰り返し、6カ月以上になっても治らない場合は乳児性アトピーと診断されることがあります。

乳児湿疹というだけでお母さんとしてはショックなのに、これが悪化してひどくなり赤くジクジクしはじめると、ホントにかわいそうで、悲しい気持ちになりますよね。乳児湿疹がひどいとき、いったいどのように対処したらよいものなのでしょうか?また、乳児湿疹とアトピーは違うのでしょうか?

ただ、これは病院によって異なり、1歳まではアトピーとは診断しない方針の病院もあります。なぜなら、湿疹が出てかゆくて掻き壊し、良くなったと思ったらまた悪化するという症状そのものは、乳児湿疹と同じだからです。

赤ちゃんの頃のアトピーは、皮膚が弱いために乾燥により刺激を受けやすいことが原因になっていることが多く、成長してだんだん皮膚が強くなるにつれて治ってしまうことも多いので、”アトピー”という言葉で不安をあおらないという配慮もあると考えられます。

成長してもよくならないケースというのは、乾燥が原因でアトピー肌になってしまったところにアレルギーが重なったり、遺伝的な要因があるなど、いくつもの原因が複雑に絡み合い、アトピー性皮膚炎を発症したケースが考えられます。

赤ちゃんのお肌はとてもデリケートです。そんな赤ちゃんのお肌をアトピーから守るにはどうしたらよいでしょうか?実際の体験談も交えて、アトピーを予防するためのスキンケアについてご紹介したいと思います。

冬に赤ちゃんのアトピーが悪化しやすいのはなぜ?

冬は赤ちゃんのアトピーが悪化しやすいといわれますが、それはなぜなのかというと、冬は乾燥するからです。

空気が乾燥した冬場というのは、赤ちゃんの肌の水分も奪い取られてしまい、肌がカサカサになってしまいます。

そのため、アトピーなどまったくなかった子でも、冬になって突然肌トラブルに襲われビックリしたというママもいるくらいです。

赤ちゃんのアトピーを防ぐ冬のスキンケア

赤ちゃんのアトピーが悪化しやすい冬には、夏と同じスキンケアをしていたのでは不十分な場合が多いので、冬には冬のスキンケアが必要です。

夏はローションで保湿するだけで充分だった肌が、冬になるとローションで保湿しただけではすぐに乾燥してしまいます。

水分が蒸発してしまわないよう、ローションの後にクリームやバームを使うことをおすすめします。

乳児湿疹やアトピーで治療をしていると、クリニックで保湿剤も一緒に出してもらえますよね。医師の指導に基づいて適切に使いましょう。

冬におすすめの「コピールミ ミルキーローションone」

冬にぜひおすすめしたい保湿剤のひとつがこれ、「コピールミ ミルキーローションone」です。

お風呂上りには、すぐに保湿しないとどんどん肌から水分が蒸発してしまいますので、お風呂上がりのママは大急ぎで大変ですよね。

しかし、「コピールミ ミルキーローションone」なら、濡れたままの肌に塗ることができますので、冬でも暖かいお風呂場内で保湿することでき、裸んぼのままママも赤ちゃんも全身ササっと保湿することが可能です。

これにより、1分以内の保湿が実現でき保湿効果が長く持続します。

お風呂上りにすぐにローションを塗ることで、その保湿効果はなんと2倍!保湿してからタオルで水分を拭けばいいので、ママにとっての利便性も高いですよね。

コピールミ ミルキーローションone」なら、99%以上天然由来成分配合でできていて、敏感肌の赤ちゃんのために徹底的に肌への優しさにこだわっています。

精油や石油由来の界面活性剤、旧表示指定成分などの気になる成分は無添加ですので安心して使用することができますよ。

冬の夜のスキンケアにはワセリンも効果的

しっかり肌に水分を浸透させたら、クリームやバームで蓋をして水分を逃さないことが大切です。おすすめしたいベビー用のクリームやバームもたくさんあるのですが、夜のスキンケアはシンプルに白色ワセリンで行うのも効果的です。

赤ちゃんのお肌は薄くてデリケートなので、油断するとすぐに乾燥してしまいます。そして乾燥が進むと乳児湿疹になるなど肌トラブルを起こしてしまうのです。いったん肌トラブルを起こすとなかなか改善しません。今回は、そんな赤ちゃんのお肌とワセリンについて解説します。

白色ワセリンは、乳児湿疹やアトピーの治療をしていると、クリニックから保湿剤として処方されることも多いですよね。白色ワセリンとかプロペトといったものがそうです。

白色ワセリンを塗った肌に日焼けをするとあまり良くないので、白色ワセリンでのケアは夜がおすすめです。

まとめ

今回は、赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹について解説し、赤ちゃんのアトピーが冬になると悪化しやすい理由や、冬のスキンケアのポイントについてご紹介しました。

乾燥しやすい冬場は、赤ちゃんのスキンケアのやり方を見直し、赤ちゃんのアトピーが悪化しないようしっかり保湿ケアをしてあげましょう。

スポンサーリンク
レクタリング広告大
レクタリング広告大

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告大