赤ちゃんのお肌がガサガサ!?まずやるべきケアはこれ!

秋から冬へと向かうに連れて、赤ちゃんのお肌がカサカサを通り過ぎてガサガサになっているのに気づくととてもビックリします。

赤ちゃんのお肌がガサガサになってしまうのはなぜなのでしょう?どうしたらスベスベのお肌に戻るのでしょうか。

今回は、赤ちゃんのお肌がガサガサになってしまったら、どのようなケアをしたらよいのか解説します。

スポンサーリンク

赤ちゃんのお肌がガサガサになってしまうのはなぜ?

赤ちゃんのお肌がカサカサを通り過ぎてガサガサになってしまうのは、なぜなのでしょうか?

まず、認識しておきたいのは赤ちゃんのお肌はとても薄くてデリケートだということです。赤ちゃんのデリケートなお肌は、外界からのさまざまな刺激によりすぐに荒れてしまいます。

その決定的な原因のひとつが乾燥です。乾燥してしまうことで、皮膚のバリア機能が低下し、お肌はますます刺激を受けやすい状態になってしまうのです。

すっかり皮膚のバリア機能が低下してしまったところに、さまざまな刺激を受けたらどうなるでしょう。接触による刺激、冬の冷たい空気やお風呂の熱いお湯、化学物質などの刺激で、赤ちゃんのお肌はカサカサを通り過ぎてガサガサになってしまいます。

赤ちゃんを洗いすぎていませんか?

赤ちゃんのお肌がガサガサになってしまったときに、すぐにできることのひとつが、バスタイムの見直しです。

赤ちゃんをゴシゴシ洗いすぎてはいないでしょうか?

赤ちゃんを洗いすぎてしまうと、汚れだけでなくお肌に必要な皮脂も根こそぎ洗い流してしまうことになってしまいます。

赤ちゃんの皮膚は薄くてデリケートですので、洗うときは手に取ったボディソープの泡で汚れをやさしくサッと落とします。

特に肌の乾燥が気になる場合は、ボディソープを使う頻度を抑え、お湯で洗い流して入浴をするのみにとどめましょう。

ポイント: 赤ちゃんを洗いすぎないこと!

赤ちゃんの保湿、充分足りていますか?

赤ちゃんのお肌がガサガサしているということは、かなり乾燥しています。これは、保湿が足りていない証拠なので、意識してしっかりと保湿をしてあげましょう。

お風呂上がりの保湿ケア

まず大切なのがお風呂上がりの保湿です。

お風呂上りには、水分をタオルで抑えるように吸い取ったら、とにかく急いで保湿ケアを行います。水分が蒸発してしまう前に、急いでうるおいを閉じ込めるイメージです。

伸びの良いミルクローションで保湿することをおすすめします。お風呂上りに全身に一気に塗りやすいからです。

そして、お肌がガサガサで乾燥がひどい部分には、更にベビーバームを重ね塗りして蓋をしてしまいましょう。

ママ自身のスキンケアを思い出してください。乾燥する冬には、化粧水だけではケアしきれないのではありませんか?赤ちゃんのお肌も同じです。

 

気づいたときにこまめに保湿ケア

保湿ケアは、お風呂上りにしていればOKというものではありません。

食事の前のビフォアケアとしても、冷たい外気にさらされた際にも、気づいたときにいつでも保湿ケアしてあげられるようにしましょう。

外出時などには、持ち歩きしやすいアロベビーのスティックタイプのベビーバームが便利でおすすめです。

ママのリップクリームと同じように、ササっと塗ることができますよ。

長時間の保湿効果が期待できるファムズベビー


Fam’s Baby(ファムズベビー)は、単に皮膚の上に油膜を作るのではありません。成分が角質層まで浸透して保護膜を作り、赤ちゃんのお肌のバリア機能を高めてくれます。

これにより長時間保湿が持続しますので、朝にFam’s Baby(ファムズベビー)で保湿ケアをしておくと安心です。

まとめ

今回は、赤ちゃんのお肌がガサガサになってしまう理由と、そんなときにやるべきケアについて解説しました。

特に、秋から冬に向けて、ますます赤ちゃんのお肌は乾燥していきます。ママのお肌と同じです。ガサガサになる前にしっかりと保湿をして予防してあげましょう。もしガサガサになってしまったとしても、うるおいを取り戻すには、とにかく保湿が肝心です。

しっかりとした保湿を心がけて乾燥を防ぎ、赤ちゃんの薄くてデリケートな皮膚を外界からのさまざまな刺激からしっかり守ってあげましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました