赤ちゃんのボディソープならコレ!しっかり洗ってしっとり保湿

赤ちゃんは、新陳代謝が活発で汗もかきやすいので、たっぷりの泡でしっかり汚れを落としてあげたいものです。とはいえ赤ちゃんの肌は薄くてデリケートです。どのようなボディソープでどのように洗ってあげたらよいのでしょう?

そこで、お風呂での赤ちゃんの洗い方を解説するとともに、赤ちゃんにおすすめのボディソープをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お風呂での赤ちゃんの洗い方

お風呂で赤ちゃんを洗うときは、たっぷりの泡を手にとってやさしく洗います。泡で汚れを浮かせて落とすイメージです。

首や肘裏、膝裏など、シワの間には汚れが残りやすいので、泡の付いた手を滑らせながらしっかりと洗いましょう。

顔をボディソープで洗うのはドキドキしますが、おでこに泡を乗せたら外側に向かって洗い、濡れた手で泡をぬぐい取るようにすすぎます。ほっぺやあごも同様です。

顔はぬるま湯だけで洗うとか、ガーゼで拭くという人もいるかもしれません。しかし、ぬるま湯だけではなかなか汚れが落ちず、ガーゼで拭くだけでは汚れが落ちにくいうえ、肌への刺激になってしまいます。

赤ちゃんのボディソープの選び方

では、赤ちゃんを洗うためのボディソープは、どのように選んだらよいのでしょうか?

まず赤ちゃんの肌はデリケートなので、できるだけ天然成分で作られたものを選びましょう。そして、洗い上がりがしっとりするように、保湿成分の入ったものがおすすめです。

また赤ちゃんを洗っているときは、片手がふさがっています。そのため片手でプッシュすれば簡単に泡が出るタイプのボディソープが一番使いやすいです。

天然成分にこだわって、固形石鹸を選ぶ方もいますが、サッと泡立たないととても不便で、結局よく洗えなかったという結果になりかねません。機能性も併せて考えると、泡のボディソープがおすすめです。

ドルチボーレの無添加ベビーソープ


こちらは、赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》です。目に入ってもしみにくいので、赤ちゃんにも安心して使えます。

無香料・無着色・鉱物油無添加・パラベン無添加・旧表示指定成分無添加・アルコール無添加・石油系界面活性剤無添加・ノンシリコーンと、余計な成分は軒並み無添加です。

入浴後には、しっとりとした洗い上がりを実感できます。

ベビーボーンのフェイス&ボディクリーミーソープ

ベビーボーン(BABY BORN Face&Body Creamy Soap)は、モデルの東原亜希さんとエステティシャンの高橋ミカさんが共同開発しました。肌にやさしく目にしみにくいのが特徴です。

ワンプッシュできめ細やかな泡が出てきますので、とても使いやすく、ほのかに香るラベンダーにも心癒されます。

6種類の植物性保湿剤を配合しているため、洗い上がりもしっとりとしています。

ALOBABY ベビーソープ

ALOBABY(アロベビー)のベビーソープは、肌に優しい99%天然由来成分で国産無添加です。赤ちゃんに安心して使えます。

天然のラベンダーとダマスクローズの香りに癒されながら、赤ちゃんとのバスタイムをお楽しみください。

まとめ

今回は、赤ちゃんにおすすめのボディソープをご紹介しました。できるだけ赤ちゃんにやさしい、天然成分でできたものを使いたいですね。

そして、保湿成分の含まれているボディソープがおすすめです。洗い上がりがしっとりしますので、保湿ケアをするまでの間に肌が乾燥するのを防げます。乾燥してしまう前に、ベビーミルクローションなどでしっかり保湿ケアをしましょう。

それに、ママの使い勝手の良さも大切です。片手でプッシュすれば泡が出てくるボディソープは、とても使いやすいのでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました