母乳が出ないのはなぜ?【赤ちゃんQ&A】

赤ちゃんが生まれたら、当然のように母乳が出るものだと思いませんでしたか?
それなのに、赤ちゃんが母乳を飲もうとしなかったり、母乳が出ないというお母さんも、実はたくさんいます。

私もそんなお母さんの一人でした。母乳が出ないって本当に悲しいですよね。

でも、お母さんのおっぱいだって十人十色!すぐにシャーシャー母乳が出る人もいればじわりじわりとしか出ない人もいるのです。

最初からうまく母乳が出なくても、焦らなくて大丈夫ですよ。
ここでは、じわりじわりの母乳育児についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

母乳育児の準備

私は出産前から、「絶対母乳で育てたい!」というこだわりを持っていました。そのため、妊娠8ヶ月くらいから 母乳育児の準備を始めました。

準備とは、乳頭マッサージのことです。
乳頭マッサージをしておくと乳腺が開き、最初のおっぱいが出やすくなると聞いたからです。
毎日お風呂でマッサージして、来るべき日に備えていました。

【マッサージ方法】

  1. 親指と人差し指、中指の3本の指で乳首を正面から縦に垂直につまみ、息を吐きながらゆっくりギューッと10秒程度圧迫します。同様に、今度は横に垂直につまんで圧迫してください。
  2. 今度は、3本の指で乳首をはさみます。息を吐きながら乳房と平行に左右に10秒間揉みずらしましょう。別の角度からも同様に左右に揉みずらします。
  3. 最後に3本の指で正面から垂直にはさみ、息を吐きながら10秒間、乳輪から乳首にかけて縦に揉みずらしてください。別の角度からも同様に縦に揉みずらします。

このマッサージの甲斐があってか、見事に出産直後、長男に初乳を飲ませられました!
しかし、問題はその後です。

母乳が出ない!?

出産経験者からは、出産1日後にはおっぱいが張って張って仕方がないと聞いていました。
それなのに、私のおっぱいはまったく張ってきません・・・。

入院中、授乳後に赤ちゃんの体重を測り、おっぱいをどれくらい飲んだか計量することになっていました。
しかし、計ってもほとんど飲んでいない、つまり出ていなかったのです!?

長男は一生懸命吸ってくれていたのです。それなのに・・・。

私が出産した病院では、夜は新生児室で赤ちゃんを見てくれて、昼間だけ母子同室でした。
しかし母乳が出ていない私は、夜も新生児室へ授乳に通うことに。
長男が泣くと看護士さんが連絡してくれるのです。

そのたびに新生児室におっぱいをあげに行くのですが、私の場合ほとんど出ていないので、長男は1時間で泣き出す始末・・・。

さすがに2時以降6時半まではミルクで対応してもらいました。

その後も退院するまでの間、せっせと乳房マッサージをしても頻繁に授乳しても、おっぱいが張ることはまったくありません。

授乳回数を増やすことで、なんとか長男に栄養を与えられていた感じです。

退院後に母乳を出すためにやったこと

もちろん、退院したからといって、おっぱいが張ってくるわけではありません。

それからはまさに出ないおっぱいとの戦いでした。
なんといっても、病院にいるときとちがって、2時以降も泣けば自分で起きておっぱいをあげなければいけないので、本当につらかったです。

それでも諦められず、退院してからは、インターネットで母乳についていろいろと調べました。

そして調べてみると、どうやら私のおっぱいは、赤ちゃんが吸った分だけしか出ないタイプのおっぱいなのだとわかりました。

つまり、出るようになるまで、ひたすら諦めずに長男に頑張って吸ってもらうしかないわけです。

つらかったので、ミルクとの混合にしようかと何度も迷いました。しかし、吸ってもらわなければ出ないことがわかったので、母乳のみで続行!

それからというもの、昼も夜もなく一日中おっぱいをあげている毎日が1か月以上続きました。こうなるともはや裸族です(笑)

引き続き、毎日の乳房マッサージも欠かせません。

母乳にいいといわれているハーブティも飲みました。

食べ物にも気を使っていましたね(これは母が頑張って作ってくれてたのですが・・・)。

それでもなかなか授乳間隔は空かなかったのですが、長男の体重が減ることはなく、少しずつでも増えていたのがよかったです。

ついに安定して母乳が出るようになった!

そんなこんなで頑張っていたら、そのうち少しずつ授乳間隔があいてきました。

赤ちゃんの方も、少しずつおっぱいを吸うのが上手になってくるんですよね。

しかし、私のおっぱいが張らないのは相変わらず。それでも母乳は出ていたのですから不思議なおっぱいです。

張らないおっぱいのいいところは、赤ちゃんが吸った分しか出ないので、母乳パットがいらないこと。

余分な母乳を作らないから、おっぱいが張ることもなく、乳腺炎などのトラブルもありませんでした。

赤ちゃんを産んでおっぱいが出ないって、ホントに悲しいし、出るまでの努力は本当につらかったです。

しかし、気長に乗り越えてみたら、便利で経済的で、そして何よりも赤ちゃんとお母さんが双方で愛情を感じられる幸せが待っていました!

こんなタイプのおっぱいもあるのですね。

まとめ

私は、母乳が出ないのを頻回授乳で乗り切りました。しかし、赤ちゃんの体重が増えないため少しミルクを足しながら母乳育児を続けたという人もいます。やり方は人それぞれです。

おっぱいが張らなくて母乳が出ないと悩むお母さん!もしかしたら私のように張らないタイプなのかもしれません。

張らないタイプだと、安定的に母乳が出るまで3か月くらいかかってもおかしくないので、焦らなくて大丈夫です。

とはいえ、無理をする必要はないですし、赤ちゃんの健康状態にもよっても異なります。

たとえ母乳育児を断念したとしても、日本には安心して赤ちゃんに与えられる粉ミルクがあるので、それほど深刻に考える必要はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました