赤ちゃんの乳児脂漏性湿疹をケアするには?予防はできる?

産まれたばかりの赤ちゃんといえば、モチモチとキレイなお肌をイメージしますよね。

それなのに、なんだかオッサンのような臭いがして、頭に黄色っぽいかさぶたのようなものが付いていたり、眉毛やおでこなどにもなんだかフケのようなものがついていたりして、ビックリしたという人はいませんか?

これ、乳児脂漏性湿疹といって、首が座る頃までの産まれたばかりの赤ちゃんによく見られる症状なんです。
赤ちゃんにはどうして乳児脂漏性湿疹ができてしまうのでしょう?
また、どのようにケアし、予防してあげたらよいのでしょう?

スポンサーリンク

なぜ赤ちゃんは乳児脂漏性湿疹になるの?

生まれてからしばらくの間、赤ちゃんは、皮脂の分泌が盛んです。それは、お母さんの女性ホルモンの影響が残っているからだといわれています。
そのくせ、まだまだ赤ちゃんの皮膚は未発達なため、毛穴に皮脂が詰まりやすいという弱点があります。そのため、赤ちゃんは脂漏性湿疹になりやすいわけです。

そして、そんな首が座る前の赤ちゃんを洗うのはなかなかの大仕事ですし、まだまだ慣れない新米ママやパパにとっては緊張の時間でもあります。ついついしっかり洗えていないままバスタイムを終えてしまうこともあるでしょう。
しかし、毛穴の汚れがずっとそのままになってしまうと、脂漏性湿疹の原因になることもあるので、なるべく意識してきれいに洗ってあげられるといいですね。

赤ちゃんの顔に乳児脂漏性湿疹!?

乳児脂漏性湿疹は、首から上の部分、つまり顔や頭皮に出るのが特徴的です。

いちばんかわいい赤ちゃんの顔が湿疹に覆われるとショックで、自分を責める方もいますが、きっと、慣れない育児に不安を感じているからですよね。

顔にたくさん湿疹ができるとビックリしますが、赤ちゃんの乳児脂漏性湿疹はそもそもできやすく、誰のせいでもありませんので、あまり気にしすぎずに、できるケアをしっかりとしてあげましょう。

赤ちゃんにできた乳児脂漏性湿疹をケアするには?

なんといっても乳児脂漏性湿疹は、皮脂の分泌が盛んなために引き起こされる症状です。
そのため、いかに皮脂汚れを取り除いて清潔なお肌を保つかが大切になってきます。

かさぶたのケア

だからといって、かさぶたをゴシゴシとこすり落とすわけにはいかないので、ベビーオイルやベビーソープを上手に使いこなしましょう。

ベビーオイルは何に使うのかというと、お風呂の前に、頭皮や眉毛などでかさぶたのようになってしまった部分に付けて、やわらかくするために使います。

そして、入浴時には、ベビーソープをしっかりと泡立てて、地肌からやさしく丁寧に洗ってかさぶたを取ります。決して無理に剥がさないようにしてくださいね。

ベビーソープは、ポンプ式の泡で出るタイプのものが使いやすくておすすめですよ。

洗った後の顔のケア

赤ちゃんを洗い終わったら、バスタオルにくるんでやさしく押すように拭いてあげて、最後にベビーローションなどで保湿ケアすればOKです。

そうそう、皮脂分泌が盛んなのに保湿?と思うかもしれませんが、赤ちゃんは、2ヶ月を過ぎると肌が乾燥しやすくなります。

そのため、おでこや眉、耳のあたりには脂漏性湿疹が出ているにもかかわらず、ほっぺなんかはすごく乾燥していたりするのです。

乾燥しているところは、放っておくと悪化してしまい、今度は乾燥性湿疹が出てしまいます。

キレイに洗って皮脂汚れを落とした後には、必ずベビーローションでしっかり保湿してあげてください。

爪のケアも忘れずに

また、乳児脂漏性湿疹は、通常はかゆみなどはないといわれています。

しかし、同時に乾燥性湿疹やアトピー性皮膚炎を併発していたりするとかゆみを伴いますので、赤ちゃんが掻き壊してしまわないように、赤ちゃんの爪は日頃から短く切っておきましょう。

赤ちゃんの乳児脂漏性湿疹は予防できる?

ところで、赤ちゃんの乳児脂漏性湿疹は予防できるものなのでしょうか?

根本から皮脂の分泌を抑えるということはできませんので、予防といっても、乳児脂漏性湿疹ができてしまったときのケアと同様に、肌を清潔にして保湿をすることが基本となります。

乳児脂漏性湿疹が改善した後も、肌を清潔に保ち、ベビーローションなどでしっかり保湿をしていれば、それが乳児脂漏性湿疹だけでなく、さまざまな肌トラブルの予防になりますので、「清潔&保湿」を心がけましょう。

まとめ

というわけで、今回は乳児湿疹の中でも、産まれてから3ヶ月ごろまでにできやすい乳児脂漏性湿疹についてみてきました。

かわいい赤ちゃんのお顔が乳児脂漏性湿疹で覆われてしまっても、悲観しなくて大丈夫です。
乳児脂漏性湿疹は、悪化したりアトピー性湿疹と併発したりといったことがなければ、通常は時が来れば治癒します。

それまでの間は、あまり気にしすぎず、適切なケアをしながら上手に乳児脂漏性湿疹と付き合いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました