おむつかぶれが治らないのはなぜ?対策を教えて!

おむつかぶれで赤ちゃんのお尻がヒリヒリ赤くなってしまうのはかわいそうですよね。

場合によってはなかなか治らないこともあります。

いったい赤ちゃんは、どうしておむつかぶれになってしまうのでしょう?

今回は、赤ちゃんのおむつかぶれの原因と対策について見ていきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんが大泣き!おむつかぶれが治らないからだった!

赤ちゃんのおむつの中はとても蒸れやすく、赤ちゃんのお肌はとてもデリケートです。

そのため、そもそもおむつかぶれしやすい状態にあります。

そこで確認していただきたいのですが、次のような赤ちゃんはいないでしょうか?

・おしっこやウンチのたびに大泣き
・おむつがえのたびに大泣き
・入浴のたびに大泣き

こんな赤ちゃんがいたら、その原因は、おむつかぶれかもしれません!

おしりが赤くブツブツになっているのだとするとわかりやすいのですが、ほんの一部分だけ皮が剥けているなんてこともあり、なかなか気づかないこともあります。

もし、上記のような赤ちゃんがいたら、お尻をよく観察してみてくださいね。

新生児のおむつかぶれが治らないのはなぜ?

新生児のおむつかぶれがなかなか治らないことがあります。

いったいそれはなぜなのでしょう?

ウンチが下痢気味だから?

新生児は、ウンチの回数が多く、特に完全母乳の子はおむつ替えのたびにゆるゆるのウンチをしていることが多く、1日10回近く出ることさえあります。

下痢っぽいゆるめのウンチが多いと、接触範囲も広がりやすく、ウンチの刺激によりおむつかぶれがしばしば発生します。

紙おむつやおしりふきの刺激のせい?

また、お肌がデリケートで皮膚のバリア機能が未熟な新生児にとっては、紙おむつの摺れる感触にも刺激がありますし、おしりふきの成分によっても刺激が強く、それが原因でおむつかぶれになる子もいます。

ちなみに、うちの次男はおしりふきを変えたらツルスベのお尻になりました!

皮膚の保護はしてる?

そして、お尻にも保湿が大切です。皮膚が薄くて皮膚のバリア機能が未熟なので、しっかり保護しておく必要があるのです。

おしりふきで拭き取った後やお湯で洗い流した後は、赤ちゃんの皮膚が乾燥してしまいます。

乾燥した皮膚からは雑菌も入りやすいので、それがおむつかぶれの原因となってしまうことがあります。

保湿クリームやベビーオイルなどでしっかり保護してあげましょう。

おむつかぶれが治らない時におすすめのアイテム

おむつかぶれが治らない時には、できるだけ肌に優しいアイテムでお尻をケアしてあげたいものですよね。

そこで、おすすめの紙おむつやおしりふき、保湿アイテムをご紹介します。

<おすすめの紙おむつ>

もし、オーガニック素材のオムツにこだわるなら、天然素材でできたセブンスジェネレーションの紙おむつがおすすめです。

セブンスジェネレーションの紙おむつは、赤ちゃんのデリケートなお肌に配慮した、天然由来の吸収性ポリマーを使っています。

それに、新生児用からステージ2までのライナー塩素系無漂白で作られていますので、おむつかぶれになってしまう敏感肌の赤ちゃんも安心して使えますよ。

天然素材かどうかよりも、紙おむつの柔らかい肌触りにこだわるのであれば、日本製の紙おむつの方に軍配が上がるでしょう。

<おすすめのおしり拭き>

できるだけ余計なものが入っていないおしり拭きを選びたいので、おすすめはアカチャンホンポ水99%Superパラベンフリーのおしりふきです。

赤ちゃんの肌への刺激が少なくて済みますので、おむつかぶれしにくくなりますよ。

<おすすめの保湿アイテム>

新発想の保湿ケアがこちらのFam’s Baby(ファムズベビー)です。

濃密な泡がスッと馴染み、皮膚に保護膜を作ってくれます。

この保護膜が、排泄物の刺激からデリケートな赤ちゃんの肌を守ってくれます。

 

おむつかぶれが治らない場合は病院へ

もしおむつかぶれがひどくなって治らないときは、迷わず病院へかかりましょう。

適切な薬を塗らないと治らないケースもありますので、医師の指示に従って薬や保湿剤を塗る必要があります。

実はうちの長男も、おむつかぶれで大泣きでした。それもそのはず、おしりの穴の近くの皮が剥けていたのです!?
直径数ミリ程度の小さなキズなのですが、剥けているので排泄のたびに痛がり、おしりふきの刺激で痛がり、お湯にしみて痛がり・・・。

こうなるとなかなか治りません。

実は長男の場合、小児科でおむつかぶれがひどくて・・・と言って患部を見せたのですが、全然これくらい大丈夫と言われてしまい、薬も処方してもらえませんでした。

しっかり剥けている箇所も見せたつもりだったのですが、肝心な部分をどうやら見落とされてしまっていたようです。
剥けている部分以外は、確かに少し赤いような気もしましたが、大した症状はありませんでしたから。

やっぱり腑に落ちず、別の小児科にかかって、丁寧に指差しでここが剥けていると訴えたところ、「これは痛いよね」と薬を出してくれて、ようやく治りました。

小さな傷だと、しっかり見せないと見落とされてしまうこともあるのだということがわかり、それ以来、病院にかかるときは何でも細かくはっきりと伝えるよう気をつけるようになりました。

その後も、相変わらずおむつかぶれしやすかったので、ウンチのときはお湯で洗うようにして、保湿もしっかりしていたら、そのうちおむつかぶれを起こさないようになりました。

まとめ

というわけで、どうしておむつかぶれになってしまうのか、治らないときはどうしたらよいのかなど、我が家の息子たちのおむつかぶれの経験も交えながらまとめてみました。

赤ちゃんのモチモチとしたかわいいお尻は、本当にデリケートです。

おしり拭きが合わない赤ちゃんはとても多いそうですので、おしり拭きを変えてみるだけでも改善の余地があります。

でも、治らないときはすぐに病院へ連れて行って、適切に薬を出してもらってくださいね。

そして、しっかり保湿をして、おむつかぶれのないお尻を目指しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました