赤ちゃんのおむつかぶれの予防&治らないときの対処法

赤ちゃんのおむつかぶれがなかなか治らないと悩むママも多いのではないでしょうか?

どうしておむつかぶれになってしまうのか、どんな薬を使うのか、病院へ行った方がいいのか、はじめはわからないことだらけです。

というわけで、今回はおむつかぶれの原因や薬のこと、予防のためのデイリーケア、おすすめのケアアイテムなどをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんのおむつかぶれとは?

おむつかぶれというのは、その名のとおり、赤ちゃんの必需品であるおむつの中が蒸れてしまったり、排泄物の刺激などでお肌が荒れてしまうことをいいます。

ひどくなるとただれてしまうこともあり、排泄のたびに赤ちゃんが痛い思いをしなくてはならなくなります。

かわいそうなので、早く治してあげたいですよね。

おむつかぶれの原因

赤ちゃんのお尻がおむつかぶれになってしまう原因はひとつではありません。

  • おむつの蒸れ
  • 排泄物そのものの肌への刺激
  • 紙おむつの擦れによる刺激
  • おしりふきの成分による肌への刺激  など

これらの原因がいくつも重なって、おむつかぶれになってしまう赤ちゃんも多いです。

我が家の息子たちのおむつかぶれ体験談

我が家の息子2人は、完全母乳だったこともあり、おむつを替えるたびにウンチでした。

母乳だとどうしてもウンチがゆるくなり、しかも頻繁に出ます。そのためか、あっという間におむつかぶれし始めてしまいました。

しかも、そのうちすりむけている箇所まで!?

痛そうでかわいそうなので、おむつ替えのたびにお湯でお尻を洗ってよく乾かして、 スイートアーモンドオイルを塗って保護していました。


さらっと書きましたけど、この作業、毎回だと結構大変なんですよ!

何かいい方法がないかと試行錯誤でした。

おむつかぶれを予防するには?

おむつかぶれを予防するには、デイリーケアが大切です。

毎回のようにゆるゆるうんちをしている赤ちゃんの場合、どうしてもおむつかぶれしやすいので、おむつを替える前にひと手間!

  1. おしりを洗う
  2. よく乾かす
  3. 保湿で肌を保護する 

おむつかぶれしていないのであれば、毎回おしりを洗う必要はないですが、おしりふきを使う場合も、よく乾かして保湿をしてからおむつをすると万全です。

簡単に赤ちゃんのおしりを洗う方法

試行錯誤の末、結局いちばん簡単だったお尻の洗い方はこれ!

洗面所でササっと洗う!

  1. ベビー服を後頭部までまでめくりあげる
  2. ママの腕ではさんでぬれないように抱っこする
  3. 洗面台でお尻だけササッと洗う
  4. タオルでこすらず押すように水分を吸収して乾かす

おむつ替えのたびに裸にしてお風呂で洗うのは大変すぎるので、洗面所がいちばんラクチンでした。

ポットにぬるめのお湯を用意しておき、赤ちゃんのお尻用シャワーでシュッシュッとやる方法も試しましたが、私にはかえって面倒でした。

おしりふきを使う場合は肌にやさしいものを!

おしりふきを使う場合は、できるだけ、添加物の少ないおしりふきを使うことをおすすめします。

赤ちゃん本舗の水99%おしりふきだと、肌に優しくておむつかぶれしにくいので、おしりふきはこれがおすすめです。

水にこだわり、超純水を99%以上使用しています。
残り1%も厳選された成分が使用され、防腐剤は必要最小限(0.3%以下)に抑えられています。

ワセリンなどで肌を保護

お尻を洗って乾かしたら、最後にワセリンなどで保湿して肌を保護します。

こうしておくことで、乾燥を防ぐとともに排泄物の刺激から肌を守るかとが可能です。

私が使っていたスイートアーモンドオイルも、保湿力があり肌を保護してくれるものでしたが、刺激から肌を守る保護力の高さを考えると、ワセリンやファムズベビーをおすすめします。

ワセリン

ワセリンは、肌に蓋をして水分を閉じ込めてくれるとともに、外からの刺激から肌を守ってくれます。

純度の高い白色ワセリンやプロペトは、精製され不純物を取り除いて作られていいて、肌への刺激がとても少ないので、安心して赤ちゃんの肌に使えます。

ファムズベビー

また、現在、母子手帳の副読本にも載っているおすすめの保湿アイテムといえば、Fam’s Babyファムズベビー)です。

ファムズベビーは、ムース状のふわふわの泡がスッと馴染んで肌にバリアを形成し、
あらゆる外刺激から皮膚を保護してくれます。

ちなみに、ファムズベビーなら8時間保護バリアが有効だといわれています。

おむつかぶれになってしまったら?

おむつかぶれになってしまい治らないときは、迷わず医師に診てもらいましょう。

そして、受診の際にはしっかりと患部を見せて説明することが大切です。

実は、我が家の長男がおむつかぶれの際に病院の先生に相談したところ、母乳の子はウンチがゆるいし頻繁だから仕方がないと言われ、そのときは薬の処方してもらえませんでした。

でも、すりむけているような場合は、赤ちゃんは排泄のたびに痛い思いをしなければならず、さっさと薬をもらった方が早く治るので、「ほら、すりむけてるでしょ」と、患部をよく見せて処方してもらうのが賢明です。

お尻の穴の近くなど、すりむけている箇所が小さい場合などには、気づいてくれない場合もありますから。

おむつかぶれの薬

おむつかぶれの際によく出される薬の種類としては、以下の3つがあります。

  • 保湿剤・・・軽い症状の場合に処方される保湿剤
  • 非ステロイド外用薬・・・炎症がそれほどひどくない場合に処方される薬
  • ステロイド外用薬・・・炎症の強い部分に少し使用する薬

え?ステロイド?と思う人もいるかもしれませんが、ひどい箇所にはステロイド外用薬を使って短期間にさっと治すということもあるので、薬は信頼できる医師の指示に従って使ってください。

おむつかぶれと間違いやすい「カンジダ性皮膚炎」

おむつかぶれと似た症状に、「カンジダ性皮膚炎」というものがあります。これは感染性の皮膚炎で、赤いブツブツができます。

カンジダ性皮膚炎の場合は、おむつかぶれとは使用する薬が違います。

そのため、おむつかぶれだと思って手持ちのステロイド外用薬などを使ったら悪化したなんてこともありますので、病院で適切な薬を処方してもらいましょう。

まとめ

赤ちゃんのモチモチのお肌がおむつかぶれになってしまったのを目の当たりにすると、なんとも悲しい気持ちになりますよね。

しかし、肌の弱い赤ちゃんやウンチのゆるい赤ちゃんは、どうしてもおむつかぶれしやすいものです。

ちょっとお手間ではありますが、デイリーケアでしっかり予防していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました