赤ちゃんに保湿は必要ないっていう説はホントなの?

赤ちゃんには保湿が大切だという知識を得たそばから、小児科で赤ちゃんに保湿は必要ないと言われたり、育児書やネットなどでも実は赤ちゃんには保湿は必要ないという情報を得たりすると、ママは混乱してしまいますよね。私もそうでした。

なぜ保湿が必要ないという説と、保湿が必要だという真逆の説があるのでしょう?

ここでは、赤ちゃんに保湿は本当に必要なのか必要ないのか、我が家の息子たちの経験をご紹介しながら、2つの考え方について解説したいと思います。

ズバリ!赤ちゃんに保湿は必要!

結論から申し上げると、赤ちゃんに保湿は必要です。これは、声を大にして言いたい!

赤ちゃんは生まれてすぐは胎脂に覆われていますが、成長とともに剥がれていき、徐々に乾燥が始まります。もともと赤ちゃんの皮膚はとても薄くてデリケートなのです。最初は胎脂に守られているので、どちらかというと脂っぽく、脂漏性湿疹が出る赤ちゃんも多いくらいですが、2カ月の頃には赤ちゃんの肌はとても乾燥しやすくなります。

【参考:乳児脂漏性湿疹って何?ケアのしかたを教えて!

乾燥が原因で乳児湿疹が悪化!

私には2人の息子がいますが、長男はとにかく肌トラブルがひどく、乳児性湿疹がどんどん悪化していきました。これはそもそもの原因は肌の乾燥にあったと、今では断言できます。長男の場合は、2か月どころか、もっと早く乾燥が始まっていたのだと思われます。

生まれてからしばらくすると、長男に脂漏性湿疹が見られるようになり、頭にかさぶたを作ったりしていましたので、お風呂では石鹸の泡でしっかりと洗っていました。しかし、赤ちゃんには保湿は必要ないという情報を信じてしまっていたので、お風呂の後に保湿はしていませんでした。

今思えば、長男の肌は脂漏性湿疹が出ているのに乾燥も進んでいたのだと思います。なぜかというと、脂漏性湿疹はかゆくないはずなのに掻くことがあったからです。それは乾燥している部分がかゆかったのだと思います。そして、掻き壊すことも出てきたので小児科に行くと、薬と保湿剤を出してくれたのですが、なかなかよくなりませんでした。

この頃の私は、脂漏性湿疹なのにどうしてかゆいんだろうと思っていて、乾燥によるかゆみだという認識が欠けていました。

小児科でもらった薬と保湿剤は塗ってはいたものの、よくなってきたら保湿もやめてしまっていましたので、また乾燥して湿疹が出てきて掻き壊すという繰り返しでした。そして月齢を追うごとに、よだれかぶれや離乳食によるかぶれもかさなり、長男の湿疹は悪化の一途を辿っていきました。

日頃から常にしっかり保湿をしておかなければいけないのだと認識したのは、ずいぶん後になってからのことです。

【参考:乳児乾燥性湿疹を予防するには?もし悪化したら?

赤ちゃんに保湿が必要な理由

前述のとおり、赤ちゃんのお肌は薄くてデリケートで、とても乾燥しやすいのです。そのため少しの刺激でも肌荒れを起こしてしまいます。我が家の長男のように、脂漏性湿疹が出ていて脂っぽいと思っていたら、実はすでに乾燥が始まっている箇所もあり、どんどん乾燥が進んでしまっていたということもあります。

赤ちゃんの肌は乾燥しやすいものなのだということを知って、しっかり保湿をしてあげてほしいと思います。

【参考:雑誌掲載&芸能人ママ愛用のおすすめベビーローションはこれ!

赤ちゃんに保湿は必要ないという説があるのはなぜ?

ではなぜ赤ちゃんに保湿が必要ないなどという説があるのでしょうか?それは、本当に生まれてすぐの赤ちゃんは胎脂に覆われていて、まだ乾燥が始まっていないからだと思われます。

そして、肌トラブルのない赤ちゃんのきれいな肌に余計なものを塗る必要がないという考え方もあります。

しかし、実際のところは早くから乾燥が始まる子もいますし、乾燥しやすいタイプの子もいます。赤ちゃんの肌はみんな同じではないのです。

また、国立成育医療センターによると、新生児期からの保湿剤塗布でアトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下することが分かったそうです。

これは、早い段階で赤ちゃんの肌の乾燥を予防した方が良いということですよね。

ちなみに、我が家の次男はほとんど肌トラブルのない子でした。長男の肌荒れがひどかったので、次男のときは早くからお風呂上がりの保湿をしていましたが、頻繁に保湿しまくっていたわけではなく、お風呂上がり以外には、乾燥が気になるときに追加する程度で大丈夫でした。肌の様子はよく観察しながらケアしていましたが、次男は長男ほど乾燥は激しくなくてお肌も丈夫な方だったように思います。

まとめ

赤ちゃんに保湿が必要ないというのは、まったくの間違いではありませんが、それは生まれてすぐの一定期間は大丈夫だと受け取るのがよいかと思います。赤ちゃんには、やはり保湿が大切です!

赤ちゃんの肌はほとんどの場合、2か月の頃には乾燥が始まっていますし、乾燥の程度は赤ちゃんによって異なり、脂漏性湿疹に乾燥が隠れていることさえあります。

ママは赤ちゃんの肌の様子をよく観察し、小児科で相談する際には、ここには脂漏性湿疹があるけれどこっちは乾燥しているみたいだ等、具体的に相談することをおすすめします。

スポンサーリンク
レクタリング広告大
レクタリング広告大

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告大