赤ちゃんはいつから入浴剤を使っていいの?おすすめの入浴剤はこれ!

赤ちゃんと一緒にお風呂に入るとき、入浴剤はどうしていますか?赤ちゃんのお肌は乾燥しやすいですし、大人だって保湿効果があってリラックスできる入浴剤を使いたいですよね。

というわけで、今回は、赤ちゃんはいつから入浴剤を使ってよいのか解説しつつ、赤ちゃんと一緒に使えるおすすめの入浴剤をご紹介したいと思います。

赤ちゃんはいつから入浴剤を使えるの?

生まれたばかりの赤ちゃんには胎脂というものがあり、皮膚が守られていますが、徐々に剥がれてしまい、2ヶ月になるころには赤ちゃんのお肌はとても乾燥しやすくなっています。そのため、赤ちゃんにとっては保湿がとても大切になります。

赤ちゃんのお肌の乾燥を防ぐためには、できれば2か月ごろから保湿入浴剤を使いたいところです。とはいえまだ2ヶ月ですから、入浴剤は赤ちゃん用のものやオーガニックのものを選ぶとよいでしょう。

市販の入浴剤は使えないの?


赤ちゃんも大人と一緒にお風呂に入るようになったら、市販の入浴剤を入れて入ってもいいのか気になりますよね。

そこで、バスクリンの公式ホームページを確認してみたところ、次のように記載されていました。

乳幼児に入浴剤を使用しても大丈夫ですか?

コンセプトの違いなどにより、製品への記載のないものもございますが、弊社の入浴剤は全て、満3ヶ月以上の赤ちゃんとのご一緒の入浴時にご使用いただけます。なお初めてご使用いただく入浴剤の場合には、お子様のご様子を伺いながらご使用いただくと、よりご安心かと存じます。

【出典:バスクリン公式サイト 】

というわけで、バスクリンの場合は、赤ちゃんの様子を見つつということにはなりますが、満3ヶ月以上の赤ちゃんも一緒に入って大丈夫だということがわかりました。

様子をみつつ、というのはどういうことかというと、やはり赤ちゃんはみんな一緒というわけではありませんので、赤ちゃんによっては肌に合わない可能性もあるということです。

入浴剤についても、しばらくは赤ちゃん用のものを使いながら、様子を見て移行していくといいですね。

赤ちゃんと一緒に使えるおすすめの入浴剤

赤ちゃんと一緒にお風呂に入る際に使う入浴剤は、できるだけ肌にやさしいものを選びたいですよね。

というわけで、赤ちゃんと一緒に使える肌にやさしいおすすめの入浴剤をご紹介します。

ヴェレダ カレンドラ ベビーバスミルク

こちらは、植物エキス豊富で保湿効果の高いヴェレダ カレンドラ ベビーバスミルクです。ドイツの助産師さんと薬剤師さんの声をもとに開発された、ヴェレダのカレンドラベビーシリーズは、天然由来成分100%で、合成香料・合成色素・合成保存料・シリコン・石油系原料・鉱物油無添加と、とても肌にやさしいので、赤ちゃんが安心して使用できます。

やさしいハーブの香りに包まれながら、赤ちゃんとともにリラックスできるバスタイムをお楽しみください。

アトピタ 薬用保湿入浴剤

アトピタ 薬用保湿入浴剤は、比較的刺激の少ない、無香料・天然色素使用・防腐剤無添加の入浴剤です。天然保湿成分も配合されていてしっとりと潤い、カサカサ肌や湿疹を繰り返す赤ちゃんにもおすすめです。

もちろん大人も一緒に使えます。

まとめ

今回は、赤ちゃんはいつから入浴剤を使えるのかについて解説し、おすすめの入浴剤もご紹介しました。

赤ちゃんのお肌は生まれてすぐはまだ胎脂に守られていますが、2ヶ月の頃には剥がれ、乾燥しやすくなってきます。そんなお肌の乾燥を防ぐのに、保湿入浴剤は効果的です。とはいえ、赤ちゃんのお肌はデリケートですので、しばらくは赤ちゃん用の入浴剤やオーガニックの入浴剤を選ぶと安心ですね。

そして入浴後は忘れずに、ミルクローションなどでたっぷりと保湿をしてあげて下さい。

スポンサーリンク
レクタリング広告大
レクタリング広告大

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告大