洗濯洗剤は赤ちゃん用を選ぶべきってホント?

赤ちゃんの衣類やタオル、シーツなどを洗濯するとき、大人の洗濯物とは分けた方が良いといわれていますよね。でも、先輩ママに聞くと分けてないという声も多いので、一緒でもいいのかなと思う人もいるかもしれません。

実際のところ、赤ちゃん用の洗濯洗剤は使った方が良いものなのでしょうか?

今回は、赤ちゃんの衣類等の洗濯について解説していきたいと思います。

洗濯洗剤は赤ちゃん用にしなきゃダメ?

結論から申し上げますと、赤ちゃんの衣類やタオルなどの洗濯物は、赤ちゃん用の洗濯洗剤で洗濯した方がいいです!

そのために、赤ちゃんの洗濯物と大人の洗濯物は分けた方が良いといわれているのです。

なぜなら、大人が洗濯に使っている一般の洗剤にはさまざまな添加物が使われているからです。

まだ生まれて間もない赤ちゃんは、外からのさまざまな刺激でアレルギーを起こしやすいので、洗剤に含まれる化学物質や界面活性剤は、赤ちゃんからはできるだけ遠ざけたいものです。

赤ちゃんの衣類やタオル、シーツなどは直接赤ちゃんの肌に触れるものですし、赤ちゃんは口にも入れてしまいます。そのため、生まれてしばらくは赤ちゃん用の洗濯洗剤を使用するようにしましょう。

赤ちゃんのお肌はこんなにデリケート

赤ちゃんの皮膚はとても薄くて乾燥しやすくデリケートにできています。

そのため、保湿が不十分で乾燥状態になってしまうと、外からの刺激を受けやすく、アレルギーを起こしやすくなってしまいますので注意が必要です。赤ちゃんのアトピーを防ぐには新生児期からの保湿が重要だと言われるのはこのためです。

赤ちゃんのお肌のためには、保湿をしっかりし、外からの余計な刺激はブロックしてあげましょう。

洗濯洗剤の成分はどう違うの?

一般的に使われている洗濯洗剤には、界面活性剤や蛍光剤、漂白剤や着色料、合成香料などが入っていますが、赤ちゃん用洗濯洗剤ですと、これらが無添加になっているものが多いことがわかります。

ただし、赤ちゃん用と表示され、一般の洗剤よりは低刺激になっているものの、すべてが無添加ではない洗剤も多くあります。赤ちゃん用の洗剤を選ぶ際には成分を確認し、界面活性剤・蛍光剤・漂白剤・着色剤・合成香料などはできるかぎり無添加のものを選ぶようにしましょう。

天然由来成分100%!赤ちゃん用無添加洗濯洗剤が安心です。

赤ちゃんの肌にやさしいドルチボーレナチュラルウォッシュ

赤ちゃんの肌にやさしい洗濯洗剤といえば、 ドルチボーレ ナチュラルウォッシュです。天然由来成分100%のドルチボーレ ナチュラルウォッシュは、化粧品グレードの洗浄成分なのがポイントです。

洗剤残りしにくい生分解性に優れたトウモロコシ由来やヤシ油由来の洗浄成分が使われていて、蛍光剤、漂白剤、着色剤、合成香料は無添加となっています。

※生分解性・・・微生物による成分の分解されやすさ

ちなみにこのドルチボーレ ナチュラルウォッシュ、希釈すれば台所用洗剤としてもお掃除用洗剤としても使うことができます。

手湿疹に悩むママの台所用洗剤としてもおすすめですよ。


赤ちゃん用洗濯洗剤はいつ卒業?

赤ちゃんの衣類等の洗濯には、赤ちゃん用の洗剤を使った方がいいというのはわかりましたが、いったいいつまで赤ちゃん用を使えばいいのか気になりますよね。

実はこれは、赤ちゃんによって違います。

大人の人でもアトピーなど敏感肌の方は、このような赤ちゃん用の洗剤を使った方がいいわけで、お肌のためにはむしろずっと赤ちゃん用の洗剤を使いたいくらいなのですから。

とはいえ、できれば1歳になる頃までは、できるだけ赤ちゃんに刺激の少ない洗剤を使いたいですね。

例えば、離乳食を進めるときも、少しずつ慣らしながら進め、特にアレルギーを起こしやすい食品については慎重に与えるようにしますが、洗剤についても同じように考えればよいのではないでしょうか。

まとめ

今回は、赤ちゃんの衣類等の洗濯について解説しました。

一般の洗剤には、赤ちゃんがアレルギーを引き起こすかもしれない添加物が含まれていますので、赤ちゃんの洗濯物には、大人と同じ一般の洗剤ではなく、赤ちゃんにできるだけ刺激のない赤ちゃん用の洗剤を使うようにしましょう。

赤ちゃんの中には、まったくアレルギーを起こすことなく、一般の洗剤を使っても平気な子もいますが、誰もが平気なわけではありません。そして、体に良くないことも間違いありません。

赤ちゃんの洗濯物に使う洗剤は、赤ちゃんの様子を見ながら、1歳を超えてから徐々に一般の洗剤へ移行していってはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタリング広告大