【産休育休ライフ】育休中に足りない生活費を補填する方法

産休育休中には、各種手当がもらえますが、お給料満額が給付されるわけではありませんので、どうしてもお金は足りなくなってしまいます。出産前に、できるだけ産休育休中に足りなくなるであろう生活費は準備しておくのが理想だけれど、なかなか思い通りに準備できなかったという人も多いです。育休中に足りない生活費はどのように補填したらよいのか、考えてみましょう。

育休中は無理のない節約が大切

赤ちゃんを出産後、かわいい赤ちゃんの寝顔を見ているだけで幸せな気持ちになれる反面、ママの生活は思った以上に大変ではありませんか?私が長男を生んだときは、何もかもが初めてのことばかりで、緊張や不安にさいなまれ、毎日いっぱいいっぱいでした。

そんな中で、お金の心配までしなくてはいけないとなったら、ママは本当に心身ともに疲労困憊だと思います。それでも、無い袖は振れないので、一生懸命節約しようと頑張ってしまい、ストレスが倍増してしまいます。

しかし、ここは一度立ち止まって、ゆったりとした気持ちで現状を整理してみましょう。まず、出産前に家計の見直しは済んでいますか?まだだとしたら、まずは下記ページを参考に家計の見直しをしてみてください。

【参考:【産休育休ライフ】産休育休中の足りない生活費を補うための準備

まずは固定費の見直しが肝心です。固定費をしっかり見直し、毎月決まって出ていくお金を減らすというのが節約のポイントとなります。

そのうえで、流動的な日々の生活費を節約することになりますが、流動的な日々の生活費は無理のない範囲での節約にとどめるようにしましょう。

育児は楽しいけれど大変で、ストレスもかかります。

思うように睡眠がとれなかったり、ずっと抱っこしていたりで、体力的に辛いという傍目にもわかりやすい状況も然り、ずっと外で働いていたママが、1日中赤ちゃんと家で2人きりの生活になるというのはまた、精神的にも大変なことなのです。

そのうえ節約節約で、ママにさらにストレスがかかるのは、赤ちゃんにとってもいいことではありません。

隙間時間に楽しくお小遣い稼ぎ

働いてお金を稼いでいたママにとっては、節約してお金を捻出することよりも、お金を生み出すことの方が楽しいのではありませんか?ちまちまとした節約も大切かもしれませんが、同じちまちまなら、隙間時間にちょっとしたお小遣い稼ぎをしてみるのはどうでしょう?

そこでおすすめしたいのが、楽しくポイントが貯まり現金交換もしやすい、大手GMOグループが運営する、ポイントタウンでのお小遣い稼ぎです。

いつも楽天市場やヤフーショッピングなどでネットショッピングをしている方なら、それをポイントタウン経由で行うだけでもポイントが貯まっていきます。例えば楽天市場なら、楽天スーパーポイントも貯まりますので、1度のお買い物でポイントを二重取りできることになります!

他にも、ポイントメールを受け取ったり、ミニゲームを楽しんだり、アンケートへ回答するなどしてポイントを貯めることができます。

また、ポイント還元モニターというものもあり、例えば、100%ポイント還元の化粧品のモニターに応募して当選すると、購入した化粧品の金額すべてがポイント還元されますので、実質無料で化粧品をゲットできるということになります。

そして、ポイントタウンにはお友達紹介制度があるのも注目すべきポイントです。

紹介したお友達が登録をすると、1週間後に紹介ポイント(6,000pt)を受け取ることができ、さらに、そのお友達がポイントタウンでポイントを獲得したら、そのポイントの50%相当を受け取ることができるのです。これは、お友達のポイントが減ってしまうということではなく、両者にポイントがもらえるということです。

楽しみながらちょっとしたお小遣い稼ぎをするのは、気分転換にもなっておすすめですよ。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ろうきんの福祉ローンを利用

それでもやっぱり育休中の生活費が足りないという場合には、産休育休中の育児支援をしてくれるローンを利用してみてはいかがでしょうか?

例えば、ろうきんには福祉ローンというくくりのローン商品があり、育児・介護休業取得中の生活資金を補填する目的で借りることができます。このローンの最大の特徴は、休業期間中は元金返済を据え置くことができるという点です。

育休中に、安心して子育てに専念するためには、ローンを利用するというのも有効な手段かと思います。

まとめ

というわけで、育休中に足りない生活費について、補填する方法を考えてみました。

やはり、出産後というのは育児が大変です。余計な不安やストレスは排除し、子育てに専念するのが一番ですので、お金の心配はしたくありませんよね。

出産までに、足りないお金を貯めておくというのが最も良い方法ではありますが、充分に貯められなかった場合は、まず家計を見直して固定費を節約しましょう。そして、流動的な日々の生活費については、無理のない範囲での節約にとどめることをおすすめします。

産休育休中でも、ポイントサイトなどを利用したちょっとしたお小遣い稼ぎなら可能ですし、どうしても足りないということであれば、育児休業中の生活費に充てることができるローンを利用するという手段もあります。

お金にふりまわされることなく、赤ちゃんとともに有意義な育休期間を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク
レクタリング広告大
レクタリング広告大

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告大