赤ちゃんのあせもの治し方!病院へ行く?自宅ケア?

今年は一段と暑い夏になりましたが、赤ちゃんとの夏の生活はどうですか?

暑い中の育児はなかなか大変ですね。

赤ちゃんにあせもなどできていないでしょうか?

今回は、赤ちゃんのあせもの治し方や予防方法について解説していきたいと思います。

白いあせもと赤いあせも

白いあせもは、1mm程度の小さな水泡の状態で、赤ちゃんは特にかゆそうにもしていないし赤くもなっていないという特徴があります。

この場合は、清潔にして保湿をするというケアで自然と治っていくのが一般的です。

でも、これを機に赤ちゃんの洗い方や保湿方法を見直し、お部屋の室温調整にも気を配りながらあせもの予防をしましょう。

これに対し赤いあせもは、かゆくてヒリヒリします。これはご自身でも経験のある方が多いのではないでしょうか。かゆみを我慢できないから掻いてしまうのですが、掻いてしまうとますます炎症を起こして悪化してしまうんですよね。とびひのようになってひろがっていくこともあります。

赤いあせもも、症状が軽いのであれば、病院へ行かなくても市販の薬で対応しながら自宅ケアして構わないものの、かゆいものはかゆいので、赤ちゃんはどうしても掻いてしまいます。そうすると結局悪化してしまいますので、ひどくなる前に病院へ連れて行った方が早く治ります。

あせもを予防するには?

あせもができるのは、汗をかいて汗腺が詰まってしまうことが大きな原因ですので、あせをかかなければあせもはできません。しかし、赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、大人よりずっと汗っかきです。赤ちゃんが快適に過ごせるよう、まずは日頃から室温に気を配りましょう

そして、赤ちゃんの洗い方や保湿ケアについても、改めて見直してみるといいですね。

赤ちゃんの洗い方

赤ちゃんの洗い方のコツは、「隅々まで泡で優しく手洗い」です。

石鹸を泡立てながら洗うよりも、ポンプ式の泡のボディソープが簡単に洗えておすすめです。

首やひじ裏、ひざ裏のシワの間は汚れが残りやすくてあせもになりやすいので、指を滑らせてシワの間までよく洗い、よく流すのも忘れずに!

お顔もガーゼ等で拭くだけとか水で流すだけではなく、泡で優しく洗います。目や鼻、口に入らないように気を付けながらさっと洗えば大丈夫ですよ。泡を流すときは、手でやさしく内から外へとぬぐい取るように流せば、目に入る心配もありません。

あせもを予防する保湿ケア

赤ちゃんを洗った後は、ふかふかのタオルで水分を吸い取ります。こすらずにタオルで赤ちゃんをくるみながら優しく拭きましょう。そして最後に保湿で仕上げます。汗をかく季節でも、赤ちゃんの肌は薄くて乾燥しやすいので、必ず保湿ケアをしてあげてください。

夏場はこの保湿が盲点になりがちなので、べたつかずにサラッと使える保湿ケアアイテムを選んであげるといいですね。

まとめ

今回は、赤ちゃんのあせもの治し方や予防方法について解説してみました。

たかがあせもだとも思うけれど、赤ちゃんのきれいなお肌にぶつぶつができたり、かゆそうにしていたら、病院へ連れて行こうかどうしようか悩みますよね。かゆそうにしているなら迷わず病院へ連れていきましょう。掻いて悪化する前に治した方がいいです。

そして、普段の赤ちゃんのケアも大切です。

赤ちゃんのバスタイムに、泡で優しく汚れや雑菌を洗い流してあげることであせもを予防することができます。そして、お風呂上りには保湿も忘れずに!

あせも対策の基本は、自宅ケアでしっかりあせもを予防し、できてしまった場合の治し方のポイントは、かゆがるようならすぐに病院へ連れていき、掻いて悪化させないことです。

本当に今年は暑い夏ですが、適切にあせもを予防して乗り切りましょう!

スポンサーリンク
レクタリング広告大
レクタリング広告大

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告大