赤ちゃんの爪切りで掻き壊しを防いでアトピー予防!

赤ちゃんの皮膚は、とても薄くてデリケートです。湿疹を掻き壊して悪化していくことがよくあります。特に乾燥の季節には、注意が必要で、湿疹が出ていなくても、カサカサによる痒みで掻いてしまい、傷ができてしまいます。

保湿をしっかりしてあげて、肌の乾燥を防ぐと同時に、爪を短く切って掻き壊しを防ぐというのも湿疹の悪化やアトピー予防のために大切です。

というわけで、今回は、赤ちゃんの爪の切り方やおすすめの爪きりなどをご紹介したいと思います。

赤ちゃんの爪って実は鋭い!?

赤ちゃんの爪って、実はとても伸びるのが早くて、しかも鋭いということをご存知でしょうか?

爪自体はとても薄くてやわらかいのですが、なぜか伸びてくると、とんがっていて鋭く、自分で自分の顔を傷つけてしまったりもします。

そのため、赤ちゃんの爪はこまめに切ってあげなくてはいけません。

いつから切り始めるのかというと、意外に早くて、うちの息子は生後すぐ入院中にはもう切り始めました。

とても鋭くとんがっていたので、その時は手慣れた看護師さんに切ってもらいました。

赤ちゃんの爪を切るのって、ちょっと怖くて躊躇してしまいますよね。

赤ちゃんの爪を上手に切る方法

赤ちゃんの爪は、鋭い割には薄くて柔らかいので、慣れるまではとても切りづらいものです。赤ちゃんの機嫌がいい時や、授乳中、睡眠中など、赤ちゃんが比較的おとなしくしていてくれるタイミングを見計らって切るようにしましょう。

赤ちゃんの爪を上手に切るには、ためらいなく、自分の爪を切るときと同じように切るのが一番いいですよ。

そのためには、しっかりと赤ちゃんの手を握って、指の肉を押さえるようにして持ち、自分の爪を切るときと同じ方向から落ち着いて切りましょう。

爪切りは、必ず赤ちゃん用のものを使って、角ができないように丸く切っていきましょう。

一気に切るのではなく、少しずつ切っていく方が上手に切れます。大人用の爪切りは、赤ちゃんには危険ですし切りづらいので、使わないでください。

赤ちゃんにおすすめの爪切り

では、赤ちゃんの爪にはどのような爪切りを用意すればよいでしょうか?おすすめの爪きりをご紹介しますね。

爪切りハサミ

ベビー用ハサミ型爪切りは、新生児の薄くて柔らかい爪にぴったりです。指にフィットするので安定感があり、赤ちゃんの爪も切りやすいですよ。

ルーペ付き爪切り


なんと、こちらは拡大鏡が付いた爪きりです。これなら赤ちゃんの小さな爪もよく見えるので、しっかりと切ることができますね。ルーペを使わないときは折りたたんでしまうことができ、爪切りとしてだけ使うこともできます。

新生児の皮膚のような爪はハサミ型の方が切りやすいですが、少し月齢が進んだら、大人用の爪切りと同じ形をした赤ちゃん用爪切りの方が使いやすいと思います。

電動爪やすり

やっぱり、爪切りで爪を切るのは怖いという人には、赤ちゃんの爪のための電動やすりがおすすめです。

正直言って、爪切りで切った方が短時間で済みますが、爪切りが怖いという人には、安全に使えるということで高評価です。

まとめ

というわけで、今回は赤ちゃんの爪切りについてまとめてみました。生まれたばかりの赤ちゃんの爪は、まるで皮膚のように薄くて柔らかいので、爪を切るのもなんだか怖々で、躊躇してしまいますよね。

でも、意外にそんなデリケートな赤ちゃんの爪は鋭くて、肌を傷つけてしまいます。そんな爪で掻いてしまったら、湿疹を掻き壊してしまい悪化させてしまいます。そして、アトピー肌へと進む原因にもなってしまいますので、保湿とともに赤ちゃんの爪きりはとても大切です。

自分が一番使いやすい爪切りを使い、落ち着いて赤ちゃんの爪を切ってあげましょう。

スポンサーリンク
レクタリング広告大
レクタリング広告大

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告大