赤ちゃんのおむつかぶれを予防!肌に優しいおむつの選び方

赤ちゃんのデリケートなお肌におむつをつけていると、いつの間にかおむつかぶれを起こしていることがあります。ひどい時は擦り剥けてしまって、赤ちゃんはおしっこやうんちのたびに火が付いたように泣き叫ぶなんてこともあり、ママはなんだか責任を感じて焦ってしまいますよね。

私もそうでした。長男のおむつかぶれで、一部分だけ擦り剝けた箇所がなかなか治らず、痛い思いをさせてしまい、今思い出しても切ない気持ちになってしまいます。

というわけで、今回はそんなおむつかぶれを予防するための、肌に優しいおむつ選びについてまとめてみたいと思います。

ふわふわ柔らかい肌触りの紙おむつでやさしく包む!

赤ちゃんのお肌は、皮膚がとても薄くてデリケートなので、ふわふわ柔らかい肌触りの紙おむつでやさしく包んであげたいものです。

生まれたばかりの赤ちゃんにおすすめなのは、ふわふわの肌触りで産婦人科でもよく使われているパンパースでしょう。また、メリーズもよく産婦人科で使われていますね。

パンパース


パンパースは、長い年月をかけて進化し続けている紙おむつです。肌触りはとても柔らかくて、生まれたばかりの赤ちゃんにも安心して使うことができます。

独自の3D穴あきメッシュシートがゆるゆるうんちも吸収してくれるので、肌への刺激を軽減することができます。通気性も抜群なので、蒸れを防いでくれます。

これなら、おむつのゴワゴワした素材との接触によるかぶれからも、うんちやおしっこの刺激によるかぶれからも赤ちゃんのおしりを守ることができますね。

メリーズ


メリーズもまた、産婦人科でよく使われているおむつのひとつです。通気性が良いおむつとして評判で、おむつかぶれしにくいという声が多く聞こえてきます。

それも、皮膚科医や小児科医と連携して赤ちゃんの肌を研究・分析し続け、安心で安全な紙おむつの開発がされている成果だといえますね。

ただ、メリーズはうんちもれしやすいという口コミもちらほらと聞かれるのが気になりますが、こればかりは赤ちゃんの体型や月齢にもよると思われ、サイズが合っているかも注意してみてみましょう。

おむつのサイズが合わないとおむつかぶれになるってホント?

ところで、おむつのサイズが合わないことでおむつかぶれが起こることがあるのをご存知ですか?おむつが大きすぎても小さすぎてもよくないのです。

大きすぎると、おむつと肌がこすれやすくなり、こすれる刺激で肌荒れしてしまいます。また、小さすぎるときつすぎて赤くなってしまったり、排せつ物が密着しすぎてかぶれてしまったりということが起こります。

赤ちゃんの成長に合わせて、おむつのサイズを適切に選んでいきましょう。また、メーカーによって同じサイズでも少しずつ大きさが違っていますので、一番合うものを選べるといいですね。

オーガニック素材のセブンスジェネレーション



Seventh Generation(セブンスジェネレーション)というのは、海外セレブ御用達のオーガニックブランドです。

Seventh Generation(セブンスジェネレーション)の紙おむつもオーガニック素材で、赤ちゃんの肌に優しいので、安心して使うことができます。

【◆参考サイト:赤ちゃんの肌に優しい天然素材の紙おむつはコレ!

おむつかぶれの予防には保湿も大切!

そして、おむつかぶれの予防には、やはり保湿が大切です。乾燥した肌への外部からの刺激は、赤ちゃんのデリケートな肌にトラブルを起こしてしまいます。また、保湿することによって、排せつ物の刺激からも守ってくれます。

・ヴェレダ カレンドラベビーバーム

おむつかぶれを防いでくれて、お尻をさらさらに保ってくれるのがこちらのWELEDA(ヴェレダ)カレンドラ ベビーバームです。

ドイツ生まれのカレンドラ ベビーバームは、助産師さんと薬剤師さんの声をもとに開発された保湿クリームです。

おむつ替えの際に、おしりの汚れを落としたら、カレンドラ ベビーバームを優しく赤ちゃんのお尻になじませましょう。

【参考サイト:芸能人ママ達も愛用のヴェレダベビー!生まれたての赤ちゃんから保湿

・エルバビーバのダイパークリーム

こちらは、さらっとしてベタつかない使い心地で、ラベンダーとカモミールの香りもやさしい、erbaviva エルバビーバ ダイパークリーム 75mLです。デリケートな赤ちゃんのお尻に、おむつ替えのときにこまめに塗って、やさしく保護してあげましょう。

・ファムズベビー

Fam’s Baby(ファムズベビー)は、長時間バリア機能が持続する泡タイプの保湿アイテムです。

成分が角質層まで浸透してくれますので、外出時にも安心です。

ビフォアケアでおむつかぶれを予防しましょう。

【◆参考サイト: 赤ちゃんのスキンケアには「ファムズベビー」がおすすめ!

まとめ

今回は、おむつかぶれを予防するための、肌に優しいおむつの選びについてご紹介しました。赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので、おむつを選ぶ際には、通気性が良くてふんわりと柔らかい素材のものを選んで使いたいですね。

そして、サイズにも注意して、赤ちゃんの成長に合ったものを使いましょう。

さらに、おむつ選びとともに、保湿もしっかり行うことで、おむつかぶれを予防することができますよ。

おむつの中での排泄は、赤ちゃんにとってとても不快なものですし、それが肌への刺激になってしまいますので、こまめにおむつを替えお尻をケアしてあげて下さいね。

スポンサーリンク
レクタリング広告大