風邪の季節です!赤ちゃんの鼻水による肌荒れを防ぐには?

風邪の季節、赤ちゃんにとってはちょっとした鼻水だけでも大変です。

赤ちゃんは自分で鼻をかめないので、鼻水を吸い込んでしまって悪化したり、機嫌が悪くなったりします。

そして、垂れた鼻水やそれを拭いてあげることによる刺激で、鼻の周りが肌荒れしてしまいます。

鼻をかみすぎると大人だって鼻下が荒れて痛いですよね。

というわけで、今回は赤ちゃんの鼻水かぶれの予防についてお話ししたいと思います。

赤ちゃんの鼻水で肌荒れするってホント?

赤ちゃんが鼻を垂らしていると、すぐに拭いてあげなきゃと思いますよね。でも、気軽にティッシュで拭いたりしたら赤ちゃんの鼻下は荒れてしまいそうです。だからってそのままにしておいてもいいのでしょうか?

そのままにしておいたら赤ちゃん本人だって気持ち悪いだろうし、鼻水の刺激でも肌荒れはしてしまいます。やっぱり鼻水は拭いてあげなければいけません。

では、どうすれば上手に拭いてあげることができるのでしょうか?

赤ちゃんの肌はFam’s Baby(ファムズベビー)で保護!

まず、赤ちゃんの肌を鼻水から守るには、ビフォアケアからやっておきましょう。ここで活躍するのが、優れた保湿アイテムの、Fam’s Baby(ファムズベビー)です。


Fam’s Baby(ファムズベビー)は、ビフォアケアという新しいコンセプトにより、保湿力や持続力、保護力に優れた保湿アイテムです。洗い落ちせず、長時間赤ちゃんの肌を保護し、保湿力を保つことにより、さまざまな肌トラブルを予防してくれます。

というわけで、まずは赤ちゃんの肌をFam’s Baby(ファムズベビー)で保護しておきましょう。

【参考サイト】赤ちゃんのスキンケアには「ファムズベビー」がおすすめ!

赤ちゃんの鼻水は吸引ですっきり!

赤ちゃんの鼻水は、垂れたままにしておくと肌荒れします。それに、吸い込んでしまうことで風邪が悪化したり中耳炎になったり、結膜炎や気管支炎の心配もあります。赤ちゃんの鼻水は吸引してあげましょう。

赤ちゃんの鼻水吸引は、病院でもやってくれますが、四六時中病院へ通っているわけにもいきませんので、一家に一台鼻水吸引器があると便利ですよ。

スポイトタイプのものや、お母さんが吸うタイプのものもありますが、おすすめは断然こちらの電動タイプ!

うちの子たちが赤ちゃんの頃は、まだまだ電動タイプの吸引器は高くて買えず、自分で数タイプのものを使っていましたが、どうしても自分のところに鼻水が入ってきてしまい、よく風邪をうつされていました。

電動タイプもずいぶん価格が下がり、買い求めやすくなりましたので、ぜひ電動タイプを選んでください。

3歳くらいまでは、自分で鼻をかむのが難しいので、かなり重宝します!

芸能人ママも愛用のメルシーポット

こちらは、雑誌にも頻繁に登場し、芸能人ママの愛用者も多いメルシーポットは、NEWモデルが出て、さらに使いやすくなりました。メルシーポットの利点は、小児科での鼻水吸引並みの吸引力があって、コンパクトで場所を取らないところ。そして、部品が減ったので洗いやすくなり、お手入れもラクラクです。

ハンディタイプのベビースマイル

こちらは、外出時も持ち運びしやすいハンディタイプの電動鼻水吸引器です。小倉優子さんや木下優樹菜さんなど芸能人ママたちの愛用品でもあります。

ハンディタイプも、洗いやすくてお手入れが楽なのがいいですね。ホント、早く買えばよかったという人続出です!

赤ちゃんの鼻水の拭き方

さて、鼻水を吸引しても、さらっと拭きたい場合には、赤ちゃんの鼻水は抑えるようにやさしく拭いてあげたいものです。

とはいえ、やはりいつものティッシュで拭くのは肌荒れしてしまうのでおすすめできません。

せめて肌にやさしいネピアの鼻セレブなどのソフトなティッシュを使いたいですね。

清浄綿など、ウェットなものを使う方が肌への刺激は少なくて済みますよ。

まとめ

今回は、赤ちゃんの鼻水による肌荒れの防ぎ方についてまとめてみました。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、鼻水の刺激や拭いた時の刺激ですぐに荒れてしまいます。しっかり保湿して肌を保護し、鼻水吸引器でこまめに鼻水を吸ってあげましょう。鼻水吸引器は、ぜひ電動のものをお使いください!とても重宝しますよ。

そして、拭くときは、肌に優しいネピアの鼻セレブなどのソフトなティッシュや清浄綿などのウェットなものを使って、そっとぬぐいましょう。

風邪の季節です。赤ちゃんの鼻水も、やさしくケアしてあげてください。

スポンサーリンク
レクタリング広告大
レクタリング広告大

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告大