乳児脂漏性湿疹をケアするには?予防はできる?

産まれたばかりの赤ちゃんといえば、モチモチとキレイなお肌をイメージしますが、なんだかオッサンのような臭いがして、なんだか頭に黄色っぽいかさぶたのようなものが付いていたり、眉毛やおでこなどにもなんだかフケのようなものがついていたりして、ビックリしたという人はいませんか?

これ、乳児脂漏性湿疹といって、首が座る頃までの産まれたばかりの赤ちゃんによく見られる症状なんです。
赤ちゃんにはどうして乳児脂漏性湿疹ができてしまうのでしょう?また、どのようにケアしてあげたらよいのでしょう?

赤ちゃんが乳児脂漏性湿疹になる原因とは?

生まれてからしばらくの間、赤ちゃんは、皮脂の分泌が盛んです。それは、お母さんの女性ホルモンの影響が残っているからだといわれています。
そのくせ、まだまだ赤ちゃんの皮膚は未発達なため、毛穴に皮脂が詰まりやすいという弱点があります。そのため、赤ちゃんは脂漏性湿疹になりやすいわけですね。

そして、そんな首が座る前の赤ちゃんを洗うのはなかなかの大仕事ですし、まだまだ慣れない新米お母さんにとっては緊張の時間でもあります。ついついしっかり洗えていないままバスタイムを終えてしまうこともしばしばあるでしょう。
そうすると、毛穴の汚れがそのままになってしまい、脂漏性湿疹の原因となります。

赤ちゃんの乳児脂漏性湿疹はどこにできるの?

乳児脂漏性湿疹は、首から上の部分、つまり顔や頭に出るのが特徴的です。
いちばんかわいいお顔が湿疹に覆われると、お母さんはショックですよね。
きっと、慣れない育児に不安を感じているお母さんも多いと思いますが、赤ちゃんの乳児脂漏性湿疹は、決してお母さんのせいではありません!自分を責めないでくださいね。

乳児脂漏性湿疹をケアするには?

なんといっても乳児脂漏性湿疹は、皮脂の分泌が盛んなために引き起こされる症状です。いかに皮脂汚れを取り除いて清潔なお肌を保つかが大切なケアとなってきます。だからと言って、ゴシゴシとこすり落とすわけには行きませんので、ベビーオイルやベビーソープを上手に使いこなしましょう。

ベビーオイルは何に使うのかというと、お風呂の前に、頭や眉毛などのかさぶたのようになってしまった部分に付けて、やわらかくするために使います。そして、入浴時には、ベビーソープをしっかりと泡立てて、地肌からやさしく丁寧に洗ってかさぶたを取ります。決して無理に剥がさないようにしてくださいね。

ベビーソープは、ポンプ式の泡で出るタイプのものが使いやすくておすすめですよ。




洗い終わったら、バスタオルにくるんでやさしく押すように拭いてあげて、最後にベビーローションなどで保湿ケアすればOKです。

そうそう、皮脂分泌が盛んなのに保湿?と思うかもしれませんが、赤ちゃんは、2ヶ月を過ぎると肌が乾燥しやすくなります。脂漏性湿疹が出ているのに乾燥している部分もあり、乾燥は放っておくと悪化して乾燥性湿疹が出たりします。

キレイに洗って皮脂汚れを落とした後にベビーローションで保湿してあげましょう。

しかし、分厚い頑固なかさぶたができているのだとすると、ホームケアでは改善しない可能性が高いので、病院を受診した方が良いでしょう。

また、乳児脂漏性湿疹は、通常はかゆみなどはないといわれています。
しかし、同時にアトピー性皮膚炎を併発していたりするとかゆみを伴いますので、赤ちゃんが掻き壊してしまわないように、赤ちゃんの爪は日頃から短く切っておきましょう。

赤ちゃんの乳児脂漏性湿疹は予防できる?

ところで、赤ちゃんの乳児脂漏性湿疹は予防できるものなのでしょうか?
根本から皮脂の分泌を抑えるということはできませんので、予防といっても、乳児脂漏性湿疹ができてしまったときと同様に、肌を清潔にして保湿をすることが基本となります。
乳児脂漏性湿疹が改善した後も、肌を清潔に保ち、ベビーローションなどでしっかり保湿をしていれば、必然的にそれが予防となるのではないでしょうか?


まとめ

というわけで、今回は乳児湿疹の中でも、産まれてから3ヶ月ごろまでにできやすい乳児脂漏性湿疹についてみてきました。
かわいい赤ちゃんのお顔が乳児脂漏性湿疹で覆われてしまっても、悲観しなくて大丈夫です。乳児脂漏性湿疹は、悪化したりアトピー性湿疹と併発したりといったことがなければ、通常は時が来れば治癒します。
それまでの間は、適切なケアと気にしすぎないゆとりとで上手に乳児脂漏性湿疹と付き合いましょう。

スポンサーリンク
レクタリング広告大
レクタリング広告大

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告大