赤ちゃんの顔の乳児湿疹を防ぐには?

赤ちゃんのかわいいほっぺは、モチモチでスベスベ!
なんてカワイイのかしら。
そんなかわいらしい赤ちゃんのお顔ですが、油断するとカサカサのガサガサになり、乳児湿疹で赤く肌荒れしてしまうことも!?
なぜそんなことになってしまうのでしょう?
赤ちゃんのお顔の乳児湿疹の原因と対策について見ていきましょう。

赤ちゃんのお顔が乳児湿疹で荒れてしまうのはなぜ?

赤ちゃんのお顔が乳児湿疹で荒れてしまう理由は、ひとつではありません。
ひどくなる子の場合は、いくつもの要因が重なっていると考えられます。
それでは、うちの長男を例に挙げてご紹介したいと思います。

実は、うちの長男は、月齢を追うごとに顔の乳児湿疹がひどくなり、本当にかわいそうな赤ちゃん時代を過ごしました。
どうしてあんなことになってしまったのか、もっとああしてあげればよかったこうしてあげればよかったと思うことがたくさんあります。

長男が2ヶ月を過ぎた頃から、季節は秋から冬へと向かっていきました。
ちょうど乾燥の季節に入る頃に、長男自身も赤ちゃんが乾燥しやすい月齢になってしまいました。
にもかかわらず、今思えば、私がしていた長男の肌の保湿は不充分でした。

特に顔は、デリケートな分だけこの保湿剤を塗っても大丈夫なのかと、おそるおそる少しだけ使っていたからです。
保湿が不充分だと、ただでさえ皮膚のバリア機能の弱い赤ちゃんのお顔は、みるみる乾燥してしまい、カサカサになっていくのです。

そして、長男の場合はとてもよだれがたくさん出る子で、1日のうちに何度もスタイを変えなければならないほどでした。
そのため、よだれかぶれも引き起こしていたのだと思われます。

さらに、離乳食が始まると食べこぼしによる刺激も加わり、どんどん顔の湿疹がひどくなっていきました。

もちろん、よだれも食べこぼしも拭いてはいましたよ。でも、長男はとても肌が敏感で、少しの刺激でもすぐに肌トラブルになってしまいました。保湿は、拭くたびにしていたわけではありませんでした。

それに、季節が冬になり、暖房を使うようになるとお部屋の空気も乾燥しています。外では冷たい風に吹かれ、冬でも空気にさらされている赤ちゃんのお顔は、刺激を受けっぱなしです。
このように、顔の乳児湿疹がひどくなってしまうのは、さまざまな要因が重なっているからです。

赤ちゃんのほっぺの感触が変わったら要注意!

赤ちゃんのお肌が乾燥してくると、ほっぺを触ったときの感触が違います。
スベスベした感じではなく、なんとなくザラッとした感触があるのです。最初は部分的に少しだけかもしれませんが、放っておくと全体的にザラッとした感触になり、そのうちほっぺに赤身を帯びてきます。そうなったらもう完全に乾燥していますし、湿疹も出てきていることでしょう。
少しでもザラッとした感触があったら、それは保湿が不充分なサインです。
しっかり保湿をしてあげてください。



赤ちゃんのお肌の乾燥は、皮膚のバリア機能を低下させてしまいます。

赤ちゃんのお顔もしっかり保湿が決め手!

赤ちゃんのお顔も、やっぱり保湿が決め手なのです。
かわいい赤ちゃんのお顔が乳児湿疹で荒れ果ててしまうのは、本当にかわいそうで、お母さんもとても悲しいですよね。
超敏感肌の赤ちゃんですと、ケアしてもケアしても、なかなかよくならない場合があります。でも、根気よく保湿に努めましょう。
そんな赤ちゃんのお顔の保湿におすすめなのが、Fam’s Baby(ファムズベビー)です。



Fam’s Baby(ファムズベビー)は、濃密な泡がスッと肌に浸透して、皮膚に保護膜を作ってくれます。長時間機能してくれますので、よだれや食べこぼしの際にも肌への刺激が弱まりますね。

お薬や保湿剤を使っている場合は、薬を塗って、保湿剤を塗って、その上にFam’s Baby(ファムズベビー)を使うのがよいでしょう。
お母さんのスキンケアにもおすすめですので、赤ちゃんと一緒にぜひ使ってみてください。そのよさを実感できるのではないでしょうか。
赤ちゃんのお顔は、常に外的な刺激にさらされ続けています。しっかりと保湿をして、お肌を保護してあげましょう。

まとめ

というわけで、赤ちゃんのお顔の乳児湿疹について、長男が赤ちゃんの頃のエピソードを交えてまとめてみました。
ちなみに、次男は乳児湿疹のないキレイなお肌だったのですが、長男とは逆によだれがほとんど出ない子でしたので、よだれの刺激がない分肌への刺激は少なくて済んでいたかもしれません。
しっかりと赤ちゃんのお肌を保護して、外的な刺激から守り、赤ちゃんには、ツルスベモチモチのお肌でいさせてあげたいですね。

にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタリング広告大
レクタリング広告大

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告大