赤ちゃんのアトピーを予防するスキンケア

赤ちゃんのお肌はとてもデリケートです。そんな赤ちゃんのお肌をアトピーから守るにはどうしたらよいでしょうか?
今回は、我が家の長男の体験談も交えながら、アトピーを予防するためのスキンケアについてご紹介したいと思います。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因はひとつではありません。さまざまな要因が複雑に絡み合っていることが多いです。赤ちゃんの皮膚はとても薄くて皮膚のバリア機能が弱いため、とても乾燥しやすいのですが、この乾燥もアトピー性皮膚炎の原因となっています。

また、家族にアレルギーの人はいませんか?例えば、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎の家族がいる場合には、アトピー素因といって遺伝的な体質があると考えられます。

ケース事例

我が家の長男の場合は、赤ちゃんの頃からかゆみを伴う湿疹を繰り返していたのですが、今振り返ると、彼が産まれてすぐのころの保湿は不充分だったと思います。もっとしっかりと保湿をしていればひどくならなかったかもしれません。

それに、パパがアレルギー性鼻炎で、私も子供の頃は肘裏や膝裏に軽くアトピーらしき炎症が出ていましたので、長男には遺伝的体質もあると考えられます。

かゆい湿疹とのつき合い方

赤ちゃんの頃には乳児湿疹が出ることが多いのですが、通常は5ヶ月を過ぎた頃にはだんだんよくなってくるものです。でも、6ヶ月になっても湿疹を繰り返す子がいます。かゆみを伴う湿疹を掻いてしまったり、よだれかぶれや食べこぼしでかぶれをおこしてしまったりするうちに、症状がひどくなることがあるのです。

薬を塗ったり保湿をしたりして一時的によくなるものの、また悪化し、その症状を繰り返してしまいます。それが数ヶ月以上続くようであれば、アトピー性皮膚炎と診断される可能性があります。

うちの長男がまさにこんな状態で、正直言って私は、当時湿疹ノイローゼになりそうでした・・・。
ステロイド外用薬などの薬を処方され、症状がひどいときはステロイドを使って炎症を抑え、炎症が治まったら非ステロイド外用薬に変えます。そして、常に保湿を徹底するという、湿疹とのおつき合いをしていました。保湿の徹底が特に大切でしたね。

そして、保湿を怠らず、薬を上手に使って湿疹と付き合っていくうちに、少しずつよくなっていき、小学校に上がる前にはほとんど出なくなりました。

アトピーを予防するための対策

前述のとおり、私は、長男の肌の保湿を新生児の頃から徹底すればよかったと後悔しています。

赤ちゃんの皮膚はとても薄くてデリケート。バリア機能が弱いため、すぐに乾燥してしまい、ちょっとした刺激でも炎症を起こしてしまいます。

実は、2014年に国立成育医療研究センターが発表した、新生児期からの保湿剤塗布によって、アトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下するという研究結果があります。それくらい保湿というのが大切だということです。

でも、母としては、生まれたばかりの赤ちゃんに保湿剤をそんなに塗ってもいいものなのか、かえってお肌によくないのではないかと不安になったりもしますよね。安全で肌に優しい保湿アイテムを選びたいものです。

【参考:赤ちゃんにおすすめのオーガニックススキンケア!

【参考:雑誌掲載&芸能人ママ愛用のおすすめベビーローションはこれ!

Fam’s Baby(ファムズベビー)

そんな赤ちゃんの保湿ケアには、Fam’s Baby(ファムズベビー)がおすすめです。Fam’s Baby(ファムズベビー)はローションでもクリームでもありません。モコモコのムース状の泡なんです。赤ちゃんの肌にスッと馴染んでしっとりとします。皮膚に保護膜を作ってくれてバリア機能を高めてくれますので、外部刺激から赤ちゃんの肌を守ります。そのバリア機能は長時間持続するという特徴もあります。薬や他のケアアイテムを使っている場合は、Fam’s Baby(ファムズベビー)を使う前に塗り、最後にFam’s Baby(ファムズベビー)で蓋をしてしっかりバリアをはるというというイメージです。

【参考:赤ちゃんのスキンケアには「ファムズベビー」がおすすめ!


まとめ

というわけで、赤ちゃんのアトピーを予防するためのスキンケア方法について、我が家の長男が赤ちゃんのときの体験を交えてご紹介しました。

アトピーの予防には、なんといっても新生児の頃からの徹底保湿が大切です。赤ちゃんをお肌の乾燥からしっかりと守り、アトピーを予防しましょう。とはいえ、それでも湿疹を繰り返してしまう場合もあります。そんなときは医師に処方してもらった薬を適切に塗り、引き続き保湿も徹底し、症状と上手に付き合っていくしかありません。

炎症を起こした赤ちゃんのお肌を見ていると、とてもかわいそうで悲しくなってしまいます。でも、お母さんはあまり気にしすぎず、気長に付き合いながら良くなっていくのを待ちましょう。

スポンサーリンク
レクタリング広告大
レクタリング広告大

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告大