赤ちゃんのあせも対策のためのスキンケア

汗っかきな赤ちゃんに起こりやすい肌トラブルのひとつが「あせも」ですね。

夏場はもとより冬の暖房がきいた部屋でも、赤ちゃんは汗をかきやすく、あせもになる可能性があります。

というわけで、今回はあせもにならない予防対策についてみていきたいと思います。

どうしてあせもになるの?

汗をかいてそのままにしていると、皮脂やほこりによって汗が出てくるはずの汗腺の入り口がつまってしまいます。そのため皮膚の中でが炎症を起こしてしまい、あせもになってしまいます。また、赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、汗の刺激によっても炎症を起こします。

一般的なあせもの症状

脇の下や首にできやすく、赤くてかゆみをともなうボツボツで、紅色汗疹(こうしょくかんしん)と呼ばれるものです。かゆみを伴うため、掻き壊してとびひになり悪化するというケースも見られますので、早めにかゆみを抑える薬を塗って症状が悪化しないように注意しましょう。

【参考:赤ちゃんのあせもの治し方!病院へ行く?自宅ケア?

あせもの薬

あせもはかゆみを伴うので、病院で塗り薬を出してもらいましょう。かゆくて掻き壊してしまうと症状がひどくなるばかりです。そうなる前にかゆみを抑える薬を塗って早期に治した方が賢明です。

病院ではステロイド外用薬を処方されるのが一般的です。ステロイドは、医師の指導に基づき、適量を短期間使うことで高い効果を発揮しますので、医師の言うことを守って正しく使いましょう。

あせもにならないための対策

体温が高くて汗をかきやすい赤ちゃんは、大人よりもあせもになりやすいので、しっかりとあせも対策をしておきたいですね。また、赤ちゃんの皮膚は薄くて乾燥しやすくバリア機能が弱いため、ちょっと汗をかいただけなのに、その刺激であせもになってしまいます。

よくうちのおばあちゃんが「オロナイン塗っておけば大丈夫よ」なんていってましたが、オロナインを塗ってもあせもへの効果は期待できませんので、とっとと病院へ行きましょう!

ポイント1 肌を清潔にしましょう。

汗をかいたらすぐに清潔なタオルやガーゼでやさしく拭いたり、シャワーで流すなどし、汗で濡れた服は着替えさせましょう。

[注意事項]
洗いすぎは皮膚のバリア機能を低下させてしまいますので、汗を拭くときはこすらないようにやさしくぬぐい、シャワーで流すときも石鹸で洗う必要はなく、サッと流すだけでOKです。

ポイント2 通気性をよくしましょう。

赤ちゃんの場合は汗をかきやすいので、通気性の良い肌着を着させたり、こまめに取り替えやすい汗取りパッドを上手に利用するといいですね。

ポイント3 しっかりと保湿しましょう。

汗を拭いたりシャワーで流した後には、しっかり保湿をするのを忘れないで下さい。前述のとおり、赤ちゃんの皮膚は薄くて乾燥しやすくバリア機能が弱いので、Fam’s Baby(ファムズベビー)などの保湿ケアアイテムでしっかりと保湿することが大切です。Fam’s Baby(ファムズベビー)なら、赤ちゃんのお肌に保護バリアを作り、潤いを閉じ込めてくれますので、お肌を乾燥から守りあせもを防いでくれますよ。

赤ちゃんのあせも対策におすすめのケアアイテム

・Fam’s Baby(ファムズベビー)

Fam’s Baby(ファムズベビー)は、母子手帳の副読本にも載っているおすすめの保湿アイテムです。ムース状のふわふわの泡が優しく肌に馴染んで赤ちゃんのお肌を守ります。

【参考:赤ちゃんのスキンケアには「ファムズベビー」がおすすめ!


・和晒ガーゼのベビー服「京和晒綿紗」

「京和晒綿紗」の、和晒ガーゼの肌着は、吸水性や通気性に優れ、アトピー肌や敏感肌の赤ちゃんにも安心の肌に優しい逸品です。ベビーじんべいセットには、汗取りパッドやにぎにぎももついて、出産祝いにもおすすめです。

【参考:赤ちゃんのお肌にやさしいベビー服!おすすめ5選

まとめ

というわけで、赤ちゃんのあせものためのスキンケアについてご紹介しました。

赤ちゃんのお肌はデリケートなので、汗の刺激にも弱いものです。そのうえ大人よりずっと汗をかきやすいので、夏場は適度にクーラーを利用して涼しく過ごすようにしましょう。

クーラーを使っていれば乾燥もしますので、汗をかく季節ですが、保湿ケアも忘れないでくださいね。

スポンサーリンク
レクタリング広告大
レクタリング広告大

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告大