赤ちゃんのおむつかぶれの予防&治らないときの対処法

赤ちゃんのおむつかぶれがなかなか治らないと悩むママも多いのではないでしょうか?どうしておむつかぶれになってしまうのか、どんな薬を使うのか、病院へ行った方がいいのか、はじめはわからないことだらけです。
というわけで、今回はおむつかぶれの原因や薬のこと、予防のためのデイリーケア、おすすめのケアアイテムなどをご紹介したいと思います。

おむつかぶれとは

おむつかぶれというのは、その名のとおり、赤ちゃんの必需品であるオムツの中が蒸れてしまったり、排泄物の刺激などでお肌が荒れてしまうことをいいます。ひどくなるとただれてしまうこともあり、排泄のたびに赤ちゃんが痛い思いをしなくてはならなくなります。かわいそうなので、早く治してあげたいですよね。

おむつかぶれの原因

赤ちゃんのお尻がおむつかぶれになってしまう原因はひとつではありません。オムツの蒸れをはじめ、排泄物そのものの肌への刺激、紙オムツやおしりふきによる肌への刺激などが原因となります。複数の原因が重なって、おむつかぶれになってしまう赤ちゃんも多いのではないでしょうか。

息子たちのおむつかぶれ

我が家の息子2人は、完全母乳だったこともあり、オムツを替えるたびにウンチ。

母乳だとどうしてもウンチがゆるくなり、しかも頻繁に出ます。そのためか、あっという間におむつかぶれし始めてしまいました。しかも、そのうちすりむけている箇所まで!?

痛そうでかわいそうなので、おむつ替えのたびにお湯でお尻を洗ってよく乾かして、 スイートアーモンドオイルを塗って保護していました。


さらっと書きましたけど、この作業、毎回だと結構大変なんですよ~!何かいい方法がないかと試行錯誤でした。

簡単に赤ちゃんのお尻を洗う方法

試行錯誤の末、結局いちばん簡単だったお尻の洗い方はこれ!

洗面所でササっと洗う!

 1、ベビー服を後頭部までまでめくりあげる

 2、ママの腕ではさんでぬれないように抱っこする

 3、洗面台でお尻だけササッと洗う

おむつ替えのたびに裸にしてお風呂で洗うのは大変すぎるので、洗面所がいちばんラクチンでした。

ポットにぬるめのお湯を用意しておき、赤ちゃんのお尻用シャワーでシュッシュッとやる方法も試しましたが、私にはかえって面倒でした。

おむつかぶれの薬

長男のおむつかぶれを病院の先生に相談したところ、母乳の子はウンチがゆるいし頻繁だから仕方がないと言われ、そのときは薬の処方してもらえませんでした。

でも、すりむけているような場合は、赤ちゃんは排泄のたびに痛い思いをしなければならず、さっさと薬をもらった方が早く治るので、「ほら、すりむけてるでしょ」と、患部をよく見せて処方してもらうのが賢明です。

お尻の穴の近くなど、すりむけている箇所が小さいと、気づいてくれない場合もありますから。

おむつかぶれの際に出される薬の種類としては、以下の3つがありますが、ひどい箇所にはステロイド外用薬を使って短期間にさっと治すというのが一般的でしょう。

  • 保湿薬・・・軽い症状の場合に処方される薬です。アズノール軟膏など。
  • 非ステロイド外用薬・・・炎症がそれほどひどくない場合に処方される薬です。コンベック軟膏など。
  • ステロイド外用薬・・・炎症の強い部分に少し使用する薬です。ロコイド軟膏など。

おむつかぶれ間違いやすい「カンジダ性皮膚炎」って何?

おむつかぶれと似た症状に、「カンジダ性皮膚炎」というものがあります。これは感染性の皮膚炎で、赤いブツブツができます。カンジダ性皮膚炎の場合は、おむつかぶれとは使用する薬が違い、抗真菌剤を使います。誤ってステロイドを使うことで悪化する場合もありますので、注意が必要です。病院で適切な薬を処方してもらいましょう。

おむつかぶれ予防のデイリーケア

おむつかぶれかもしれないとわかったら、ウンチの際にはオムツを替える前にひと手間!

 1、おしりを洗う

 2、よく乾かす

 3、保湿をする

おむつかぶれでなければ、洗うことまでする必要はないと思うのですが、普段からよく乾かして保湿をしてからおむつをすると万全です。

赤ちゃん本舗の水99%おしりふきだと、肌に優しくておむつかぶれしにくいので、おしりふきはこちをおすすめします。

また、現在、母子手帳の副読本にも載っているおすすめの保湿アイテムといえば、Fam’s Babyファムズベビー)!

ムース状のふわふわの泡が新生児の肌や敏感肌にもスッと馴染み、お肌をしっかり保護してくれます。8時間保護バリアが有効だといわれていますので、ファムズベビーならおむつ替えのたびに保湿をしなくても大丈夫そうですね。

おむつかぶれのおすすめケアアイテム

赤ちゃん本舗の水99%おしりふき

水にこだわり、超純水を99%以上使用しています。
残り1%も厳選された成分が使用され、防腐剤は必要最小限(0.3%以下)に抑えられています。

Fam’s Baby

ファムズベビーは、ムース状のふわふわの泡がスッと馴染んで肌にバリアを形成し、
あらゆる外刺激から皮膚を保護してくれます。

まとめ

赤ちゃんのモチモチのお肌がおむつかぶれになってしまったのを目の当たりにすると、なんとも悲しい気持ちになりますよね。おむつかぶれになる前に、デイリーケアでしっかり予防しましょう。
とはいえ、それでもおむつかぶれになってしまうこともあります。それは仕方のないことなので、ママは自分を責めないで!地道にケアを続ければ大丈夫ですから。

スポンサーリンク
レクタリング広告大